日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

女だけの街
オンナダケノマチ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1957年02月06日 
製作会社
すがを集団京都映画 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
110分  

大木実を中心に誕生した俳優グループ“すがを集団”が、京都映画と共同製作する第一作。廓の生態を新しい角度で描く人情篇。脚本は「鬼姫競艶録」の関沢新一と内川清一郎の共同、「波止場の王者」についで内川清一郎が監督、「人形佐七捕物帖 妖艶六死美人」の平野好美が撮影にあたる。主な出演者は「顔(1957)」の大木実、「任侠清水港」の高千穂ひづる、「蜘蛛巣城」の山田五十鈴、「白磁の人」の小山明子、「剣豪相馬武勇伝 桧山大騒動」の田崎潤、「一夜の百万長者」の浪花千栄子、「まだら頭巾剣を抜けば 乱れ白菊」の水原真知子、ほかに「白磁の人」の宮城千賀子、田中春男、永井智雄、佐々木孝丸、阿部九洲男、高屋朗、青山宏など。

スタッフ

製作
松本常保佐野博
脚本
関沢新一内川清一郎
監督
内川清一郎
撮影
平野好美
音楽
大森盛太郎
美術
鳥居塚誠一
照明
関川次郎
録音
竹川昌男

ストーリー

晩秋の京都。終戦時に闇市のもつれから廓に放火した地ゴロの大和田を斬った通称鉄こと宮鉄太郎が八年の刑期を勤め上げ、七条新地の牧組一家へ戻ってみれば、親分は死亡、当主孝市は堅気の生活に入り、子分らは新興の陣場大吉の許に奔り、牧組の縄張りを蚕食していた。痛憤する鉄太郎を慰める利美楼のおかみ、お浪。娼妓時代同輩だった鉄太郎の母の死後、親同様に育てて来た義侠肌の彼女が、一人前の男なら女も欲しかろうと抱え妓の中から選んだのがみどり。若い二人は早速大喧嘩をしてしまうが、牧組再建に努力する鉄太郎の姿に、いつとなくみどりは心惹かれてゆく。鉄太郎は、かつての叔父貴分橋善を宰領とし、旧身内を集めて心中を披瀝したが総ては徒労。耐りかねた鉄太郎は親分源吉の墓前で縁切りを宣言、陣場一味と対決する。だが利美楼まで投石され、怒って陣場事務所に乗り込んだ鉄太郎も、みどりの知らせで駈けつけた森刑事に止められては万事休し遂に九州落ちを決意。お浪の抱え妓栄子は過労が因で病床に伏し、みどりが貯金全部をはたいての看護も及ばず死去。自らの腑甲斐なさを恥じた鉄太郎は、陣場の秘密賭場で荒稼ぎの上、みどりとの新生活を夢みて利美楼に戻るが、彼女は栄子の遺児健一共々、陣場の許に連れ去られていた。彼女を救おうと単身乗り込んだ鉄太郎は、森刑事らが駈けつける前、体に数弾を受け陣場を追いつめたまま、仆れていた。数日後、彼の骨箱は遺言通り、みどりと健一に見送られ、加茂川へ流された。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。