日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

白磁の人
ハクジノヒト

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1957年01月15日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
91分  

“婦人倶楽部”連載中の舟橋聖一の原作から「俺は死なない」の岩間鶴夫が脚色・監督に当った女性風俗篇。撮影は「十九の春」の小杉正雄。主な出演者は、「踊る摩天楼」の有馬稲子、「台風騒動記」の佐田啓二、「恐怖の空中殺人」の山村聡、「家庭教師と女生徒」の小山明子、「こぶしの花の咲くころ」の紙京子、「りんどう鴉」の柳永二郎「花ふたたび」の水戸光子、「台風騒動記」の宮城千賀子、大船初出演の高野真二(りんどう鴉)、「別れの一本杉」の加賀ちか子など。

スタッフ

企画
小松秀雄
原作
舟橋聖一
脚色
岩間鶴夫
監督
岩間鶴夫
撮影
小杉正雄
音楽
奥村一
美術
平高主計
照明
荒井公平
録音
熊谷宏

ストーリー

鈴井鹿子は親友石山室子や三原槙子と山中湖へ赴いた折、青年実業家佐伯と知り合う。ドンファンの彼は、歓心を買おうと高価な真珠のネックレースを贈る。潔癖な鹿子は早速、返しに行く途中、事業の不振で債権者登根への返済金に苦慮する父善介に会い、ネックレースを盗まれてしまう。だが気弱な父が、悪いと知りつつ手を出したと判れば、父の窮状をよそに遊び歩く派手好きな義母照代の方がうらめしい。一方、佐伯は商用で大阪へ向う列車で、かつて関係のあった女給喜絵が急病で苦しんでいるのに逢う。乗り合わせた医師五藤の手当で事なきを得たが、佐伯は五藤の看護婦元羽つね美に魅了される。とも知らぬ鹿子は、父のため佐伯に借金を申込むが確答は得られない。程なく、槙子が自動車事故で五藤とつね美の病院に入院。見舞いに通う鹿子が男らしい五藤に好感を抱き始めた頃、登根の甘言に乗った照代が突然家出する。鹿子は喜絵と連れ添う佐伯を見、難詰したが、逆にネックレースを返せと居直られてしまう。鹿子はミス・コンテストに応募、賞金で買ったネックレースを佐伯に叩きつけたが、出場を快く思わぬ勤務先の洋裁店“ルック”の主任、黒木佐賀子に馘を申し渡される。鹿子に眼をつけたのは佐賀子のパトロン中峰昭行。好色な彼は鹿子を秘書に採用し、怒った佐賀子は鹿子に、中峰の脱税の祕密をアバくと脅迫。鹿子の連絡で佐賀子と交渉に赴いた長男衞は淫らな態度にたまりかね飛び出す。鹿子は中峰の出張先名古屋へ赴く前、五藤に愛情を打明けようと下宿を訪ねたが、つね美の存在に云い出しかね、そのまま出発。名古屋の旅館で本性を現わした中峰は彼女に挑むが、佐賀子の密告で警察の手が廻ったという急報で虎口を脱する。帰京した鹿子は再び五藤を訪れるが、彼のつね美に対する愛情を悟り悄然と病院を出て行く。前非を悔いた照代も再び家族の許へ戻る。数日後、室子と想い出の山中湖へ遊びに出かけた鹿子は、室子も一頃世話を受けていた石油会社の社長宗方と別れたと知り、だがくじけずに明るい人生を貫こうと誓いあった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/09/26]

映画情報を53件更新しました。