日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

哀愁の園
アイシュウノソノ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1957年01月09日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
80分  

ニッポン放送連続放送劇として評判の大林清原作“哀愁の園”の映画化。「夜あけ朝あけ」(監督)の若杉光夫と「姉さんのお嫁入り」の青山民雄が共同で脚色、「デンスケの宣伝狂」の吉村廉が監督するメロドラマ。撮影は「浮草の宿」の中尾利太郎。主な出演者は「飢える魂」の南田洋子「川上哲治物語 背番号16」の葉山良二、「お転婆三人姉妹 踊る太陽」の芦川いづみ、「泣け、日本国民 最後の戦闘機」の渡辺美佐子、「人間魚雷出撃す」の内藤武敏、ほかに清水将夫、高野由美、北林谷栄など。

スタッフ

製作
大塚和
原作
大林清
脚色
若杉光夫青山民雄
監督
吉村廉
撮影
中尾利太郎
音楽
利根一郎
美術
西玄一郎
照明
高島正博
録音
八木多木之助

ストーリー

日東毛織に勤める達也は郷里蓼科へ帰り牧場を経営する事にした。達也には山一商店の娘みゆきという恋人がいた。二人が逢っている頃、日毛の副社長で達也の学友でもある道隆と、洋裁店のマダム沙江子の乗った車がみゆきの父をはねとばした。出発の前日友人の中山と飲んでいた達也は、明日六時に逢おうとみゆきに電話した。翌日債権者でごった返す山一商店に道隆が同業の高橋と現われて援助を申込み、彼の秘書にみゆきを採用した。その夜、約束の時刻にみゆきは道隆らと料亭へ。達也は沙江子に邪魔されたが、やっとの思いで逢う事が出来た。牧場へ帰った達也は母親から結婚の承諾を得た。一方みゆきは重役会のため箱根に行き、本性を現わした道隆の毒牙にかけられた。虚ろな気持で湖をさまようみゆきを救ったのがストリッパーのサリー。東京へ帰ってもサリーの暖かい励ましで、結婚申込みに上京した達也と逢う決心をした。みゆきは涙をかくして楽しく時を過ごし、明日を約して達也は帰って行った。みゆきは達也の後姿に別れを告げて一人去って行った。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。