日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年5月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

極道の妻たち 地獄の道連れ
ゴクドウノオンナタチジゴクノミチヅレ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2001年07月28日 
製作会社
東映ビデオ高田事務所製作協力 東映京都撮影所) 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
113分  

惚れた男の為に、命を賭けた戦いに挑む極妻たちの生き様を描いた任侠アクションのシリーズ第4弾。監督は「女侠 夜叉の舞い」の関本郁夫。家田荘子の原作をベースに、「悪名」の高田宏治が脚本を執筆。撮影を「極道の妻たち リベンジ」の水巻祐介が担当している。主演は「餓狼の群れ」の高島礼子。スーパー16ミリからのブローアップ。2001年6月30日より大阪・天六ホクテンザ1にて先行上映。

スタッフ

製作
日下部五朗
企画
石井徹
プロデューサー
亀岡正人小柳憲子
原作
家田荘子(文藝春秋刊)
脚本
高田宏治
音楽
大島ミチル
撮影
水巻祐介
エンディングテーマ
宇多川都「運命」
監督
関本郁夫

ストーリー

関東と関西の極道が手を組み、全国的な連合組織を結成しようとする企みが持ち上がる中、大阪を牛耳る昔気質の山背組組長代行・掛川亮平は、それに参加することを拒否した。その為、彼は関東・柴山会の茂田と尼崎・坂岩会の坂岩の策略により服役の身となり、更に組内部からも幹部会から除名しようとする声が挙がって窮地に立たされることに。さて、そんな夫の留守を名代として預かることとなった妻・律子は、組の若頭である千田が坂岩らと癒着し亮平を陥れていたことを突き止めるが、実はその裏で糸を引いていたのは、千田の妻で律子に敵対心を燃やす槙子だったことが判明する。大阪極道のトップの妻として君臨すべく、千田を焚き付ける槙子。だが、自分が槙子や茂田らに利用されているだけのコマだと悟った千田は考えを改め、茂田を撃とうとするも逆に殺されてしまう。そして連合組織結成式当日、パーティ会場に勝ち込みをかけた律子は、坂岩を一撃の下に倒すと、夫の仇討ちに潜り込んでいた槙子と共に、極妻として茂田への落とし前をつけるのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/05/28]

映画情報を52件更新しました。