日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

千万長者の恋人より 踊る摩天楼
センマンチョウジャノコイビトヨリオドルマテンロウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年12月28日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
92分  

「ここは静かなり」の野村芳太郎が、「花嫁募集中」の光畑碩郎と共同でシナリオを書き、「ここは静かなり」に次いで監督にあたった明朗ミュージカル。撮影は同じく井上晴二。主な出演者は、「別れの一本杉」の川喜多雄二、「この女に手を出すな」の高橋貞二、「つゆのあとさき」の有馬稲子、「あなた買います」の大木実、「花ふたたび」の浅茅しのぶ、「恐妻一代」の藤乃高子、「ここは静かなり」の中川弘子、「別れの一本杉」の朝丘雪路、ほかに日守新一、関千恵子など。

スタッフ

企画
保住一之助
脚本
野村芳太郎光畑碩郎
監督
野村芳太郎
撮影
井上晴二
音楽
松井八郎鏑木創
美術
熊谷正雄
照明
加藤政男
録音
栗田周十郎

ストーリー

九州の元大名の若殿・雄太はテレビの美術監督だが、家老半太夫の娘でテレビショウの踊り子みどりを秘かに恋していた。ところが半太夫は家運挽回のため雄太と実業家の娘洋子との縁談を計り見合いさせようとする。雄太は姉かほる、親友のプロデューサー昭平の協力で、みどりに愛情を打明けたが、みどりは父の立場を考え思い悩む。そこで、かほるは九州の父凡斎のところへ行き、家宝の兜を売って家運を挽回、雄太の結婚問題を解決するよう勧めた。すると凡斎は、かほるに西郷平八郎を結婚の相手に勧める。幼馴染みの二人は、すっかり意気投合する。一方、昭平は雄太を助けるため雄太になりすまして洋子と見合いする。昭平は馴染み芸者の幾千代を呼んで、いちゃついて見せるが、洋子は酒や煙草をのんで逆に昭平をびっくりさせる。しかし、やがて雄太とみどりの結婚は、かほる、昭平の活躍、それに相手が雄太ならぬ昭平と知って今は昭平を愛する洋子らの協力で遂に半太夫も承諾した。主家の家運は兜を売って挽回されることになり、かほると平八郎、雄太とみどり、昭平と洋子の三人組は、めでたく結ばれた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /スタンダード(1:1.37)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。