日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年06月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

牛乳屋フランキー
ギュウニュウヤフランキー

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年12月05日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
84分  

森永乳業提供、キノトオル・小野田勇合作、文化放送連続放送劇の明るいユーモアとペーソスに満ちた物語。脚本は「飢える魂」の柳沢類寿、「しあわせはどこに」の西河克己、中平康が共同脚色、「夏の嵐」に次いで中平康が監督する。撮影は「逆光線」の姫田真佐久。主な出演者は「妻恋峠」のフランキー堺、南寿美子、「デンスケの宣伝狂」の市村俊幸、「隣の嫁」の利根はる恵、「愛は降る星のかなたに」の小園蓉子、「若いお巡りさん」の宍戸錠、その他、中原早苗、岡田眞澄、杉幸彦など。

スタッフ

製作
茂木了次
原作
キノトオル小野田勇
脚色
柳沢類寿西河克己中平康
監督
中平康
撮影
姫田真佐久
音楽
馬渡誠一
美術
佐谷晃能
照明
安藤真之助
録音
古山恒夫

ストーリー

堺六平太は長州の追分から遥々上京してきた。それというのも堺家の遠縁に当る杉香苗が営む牛乳屋が商売仇のブルドッグ牛乳屋に邪魔され苦境に陥ったのを応援するためで、六平太は祖父の小五郎翁の長州男児の名を恥かしめぬよう、という訓戒を受けて勇躍やって来たのだ。ところが香苗の店は五十万円の借金があったり同僚の新吾がブルドッグに寝返ったりでうまく行かない。六平太はしかし一生懸命。牛乳配達ばかりか、撮影所に勤める松原君の恋文を南郷隆盛翁の娘英子に届けてやったりする。アパートに一人住いのマサヨは仲々のお色気の持主だが人使いもうまい。六平太は初対面ながら掃除までさせられ揚句に洗面器をひっくり返す。マサヨの悲鳴に、彼女に予て眼をつけていたブルドッグの親爺が、そこへ乗込んできて六平太との間に大喧嘩が始まるが、六平太は祖父の訓戒を思い出して次の配達先へ急ぐ。サービス本位の六平太は、こうしてお得意をふやして行くが、ある日、杉牛乳店にマサヨが来た。鼻下長のブルドッグの親爺を丸めこんで、この店をバーにするため五十万円の借金を種に掛合に来たのだ。遂に六平太は故郷の祖父に泣きつく。しかし上京した小五郎翁も金の方はさっぱり。困りぬいたところへ南郷隆盛氏が乗込んできた。松原君の英子宛に出した恋文を六平太が出したものと怒鳴りに来たのだ。ところが小五郎翁と隆盛翁は昔の話から逆に打解け、隆盛は、金ばかりか英子も六平太に差上げると言出す。慌てたのは六平太、漸く奇計を案じ、うまく英子を松原君の花嫁にすることに成功する。ブルドッグに五十万円も返し杉牛乳店はお得意が増える一方、六平太の人気は上り、ブルドッグは脱税がバレて散々の体となった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/06/29]

映画情報を108件更新しました。