日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年11月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

RED SHADOW 赤影
レッドシャドウアカカゲ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2001年08月11日 
製作会社
「RED SHADOW 赤影」製作委員会東映=角川書店=h.m.p.=TUBE ENTERTAINMENT=電通=東映ビデオ) 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
108分  

光ある平和の為に影となって働く若い忍者たちの活躍を、新感覚で描くビジュアル系時代活劇。監督は「STEREO FUTURE SF episode 2002」の中野裕之。横山光輝による原作キャラクターを基に、「東京★ざんすっ/ランニング・フリー」の斉藤ひろしと「STEREO FUTURE SF episode 2002」の木村雅俊が共同で脚本を執筆。撮影を「天国から来た男たち THE GUYS FROM PARADISE」の山本英夫が担当している。主演は「サトラレ TRIBUTE to a SAD GENIUS」の安藤政信。東映創立50周年記念作品。

スタッフ

製作
佐藤雅夫江川信也芳賀吉孝
企画
遠藤茂行厨子稔雄大川裕遠谷信幸
プロデューサー
中山正久赤井淳司管野賢司兵頭秀樹
原作
横山光輝
脚本
斉藤ひろし
撮影
山本英夫
照明
横山秀樹
美術
内藤昭
テーマ音楽
布袋寅泰
監督
中野裕之

ストーリー

AD1545年、時は戦乱の世。戦国大名・東郷秀信に仕え、天下統一の為のミッションを忠実にこなしてきた影一族と呼ばれる、白影率いる忍者集団の元に新たなミッションが下った。それは、京極城の地下に眠る新式兵器を偵察するというもの。早速、地球外金属で作った武器と防具で身を固め、数々の不思議な忍術を使って城に忍び込む赤影、青影、飛鳥の3人。だが、待ち構えていた根来忍者たちとのバトルは壮絶を極め、飛鳥が命を落とし、青影もまた精神的ショックから一族を離れてしまう。一方その頃、京極城では城主・兼光の謎の死をきっかけに、たったひとりの後継者である孫娘・琴姫が男子として国を統治することを決めていた。しかし、それを面白く思わない者がいた。家老の竹之内である。兼光を毒殺し、お家乗っ取りを企む彼は、根来忍者を使って琴姫暗殺を遂行。ところが、彼女を竹之内の魔手から救ったのは、東郷の命でやはり彼女の命を狙っていた赤影だった。思わぬハプニングから、忍者としての掟を破ってしまった赤影。更に、竹之内が琴姫派の家臣たちの抹殺計画を企てていることを掴んだ彼は、独自の判断により竹之内の計画を阻止すべく、そして飛鳥の仇を討る為に、後に合流した青影と力を合わせ竹之内とのバトルを展開する。しかし、竹之内の謀反を防ぐことに成功しこそすれ、今や忍者として失格の赤影はそれを辞める決心をし、新しい人生へ旅立つのであった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: ドルビーデジタル(ドルビーSRD)

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/11/27]

映画情報を72件更新しました。

[2020/10/26]

映画情報を78件更新しました。