日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年11月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

リンゴ村から
リンゴムラカラ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年10月31日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
46分  

美しいリンゴ園を背景に若い人達の恋愛と友情を三橋美智也のヒットソングに乗せて描く。竹原和之の原案から「ならず者(1956)」の木村武(1)が脚本執筆、「ねんねこ社員」の斎村和彦が監督、「スタジオは大騒ぎ」の宗川信夫が撮影を担当する。主な出演は「天使もお年ごろ」の梅若正義、南左斗子「逢いぞめ笠」の近藤美恵子、その他瀬戸ヱニ子、滝花久子、岡村文子、新人中江文男など。

スタッフ

製作
永田秀雅
企画
久保寺生郎
原案
竹原和之
脚本
木村武
監督
斎村和彦
撮影
宗川信夫
音楽
飯田三郎
美術
高橋康一
照明
佐藤寛
録音
西井憲一

ストーリー

信州のとある山村。リンゴ園を経営する父耕平と母みねの理解で、宿願の東京の大学に行けると決った杉本浩一の胸は希望にふくらむ。同じく東京の洋裁学院に入る相愛の道子と、今夜駅で待合せて上京を約し帰宅すると意外な凶事。父が急病で倒れたのだ。浩一は発車間際、道子に事情を話し、上京断念を告げる。村の金持息子大野木達也は浩一と同じく今度、大学に入学するのだが、道子と浩一の仲を妬んでおり、みねが達也の父に学資融通を頼んでも素気なく拒絶。上京を諦めた浩一は父に代って働く中、幼馴染の千賀子と縁談が持上る。だが上京した道子からの手紙を貧るように読む浩一に、千賀子は嫉妬を感じる。処は変り東京の長野県立学生寮、達也は浩一からの手紙が道子に渡らぬように仕組み、さらに浩一と千賀子の仲を仄かして道子の関心を得ようとする。村祭りの日、帰郷した道子は、酔って千賀子の介抱を受ける浩一の姿を目撃し逃げるように帰る。道子の不良の兄良一は、貯金通帳を持出し上京、妹の留守に寮から達也のカメラを奪い逃走。良き機会と迫る達也に、道子はカメラの代金は返すからと彼の腕を逃れ姿を消す。消息不明の彼女を求め上京した浩一は、アルサロ“ドリアン”で道子を見出し帰郷を説くが、道子は「昔の道子じゃない」と素気なく彼を追い帰す。だが、リンゴ園に収穫の季節が来た頃、黙々と働く浩一の前に突然、道子が現われる。二人の心を知った良介の改心で、懐しいリンゴ園に戻って来たのだ。二人はヒシと抱き合った。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/11/29]

映画情報を41件更新しました。

[2021/10/27]

映画情報を39件更新しました。