日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年03月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

あこがれの練習船
アコガレノレンシュウセン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年10月10日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
82分  

海洋を背景に若さと情熱あふれる青春を描く。石谷幸夫の原案より「惚れるな弥ン八」の成澤昌茂が脚本を書き、「祇園の姉妹」の野村浩将が監督、「ねんねこ社員」の秋野友宏が撮影を担当する。出演者は「あさ潮ゆう潮」の川口浩、「ねんねこ社員」の北原義郎、「夜の河」の市川和子、第九期ニューフェイス出身の新人小泉順子、「惚れるな弥ン八」の矢島ひろ子。その他、鶴見丈二、入江洋佑、三田隆、浦辺粂子など。

スタッフ

製作
永田秀雅
企画
藤井浩明
原案
石谷幸夫
脚本
成澤昌茂
監督
野村浩将
撮影
秋野友宏
音楽
大森盛太郎
美術
仲美喜雄
照明
久保田行一
録音
須田武雄

ストーリー

海に臨む東海商船学校。先輩田村弘一のコーチするカッター部の三上昇と岡二郎は大の親友で、両親なき後、一人の姉紀子の仕送りとアルバイトで学業を続ける昇に、町の病院長の息子二郎は何かと心を使う。ある日、昇は田村から二郎の病院で看護婦見習いをしている妹葉子を紹介される。利溌な葉子が気に入った両親と共に、二郎も彼女を将来の相手と考えていた。港まつりの夜、二郎がグループの一人橋本厳の恋人和枝の店へ皆に連れて行かれたあと、彼を探しあぐねた昇と葉子は浜辺で語り合い、お互の似た境遇に心を惹かれる。だが数日後、学校を訪れた姉を見送った昇は、帰途、弘一から二郎が葉子との結婚を申出たと聞き驚いた。以来、昇は自分の心を押え、二人の接近を計るが、二人のため持ち出した部のモーターボートが二郎の不注意で盗まれたため弘一に難詰。一言も弁解せぬまま退校届を弘一に手渡し葉子の疑惑にも応えず東京へ去った。ボートの紛失を知った二郎は自分の過失と共に、葉子と昇の恋を悟るが、却って何も告げずに去った昇を憎む。学生の奔走でボートは戻り、二郎の努力で学資調達が可能となった昇も帰ってくるが二郎の態度は冷たい。やがて練習船太洋丸は長期実習に出発。途中暴風に遭遇し、ちぎれたセールの修理中、二郎は檣から転落。繋留索にすがりつく彼を昇は危険を冒して救助した。今は二郎の誤解も消え、太洋丸が帰港すると、出迎えた弘一は葉子が試験にパス、養成所入所のため東京へ去ったと告げる。二人は改めて海を恋人にしようと友情を誓う。再び晴れの遠洋航海に出る太洋丸。見送る葉子と二郎や昇の間に交されたテープが、いつ迄も長く続いていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/03/24]

映画情報を34件更新しました。