日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

隣の嫁
トナリノヨメ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年09月18日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
81分  

そよ風わたる緑の田園に響く愛情の讃歌。伊藤左千夫の名作より、「君ひとすじに (完結篇)」の館岡謙之助が脚本を執筆、「愛情」の堀池清が監督、「ドラムと恋と夢」の間宮義雄が撮影を担当。色彩はコニカラー。出演は「わが町」の南田洋子、「暁の逃亡」の長門裕之、「太陽の季節」の三島耕、「帆綱は唄う 海の純情」の明美京子、その他金子信雄、利根はる恵、島田文子、柳谷寛、飯田蝶子、菅井一郎などのベテラン陣が出演。

スタッフ

製作
浅田健三
原作
伊藤左千夫
脚色
館岡謙之助
監督
堀池清
撮影
間宮義雄
音楽
真鍋理一郎
美術
木村威夫
照明
藤林甲
録音
沼倉範夫
色彩監督
鈴木信太郎

ストーリー

夜明けの空に聳える那須の山々。今日は山麓の集落で麦刈りである。旧家小手家の次男省作はまだ高校生。慣れぬ仕事に体は痛み、若い女中おはまに冷かされる。隣の秋葉家から主人清六の母おたきと嫁のおとよが手伝いに来る。清六は仮病を使い悪友らと競輪へ。怪我した省作をおとよは親切に介抱する。その夜、おとよは風呂を貰いに来た省作の手を握った。生れて始めての経験に省作は夜も眠れない。麦刈りが終った日おとよは夫に愛想をつかし実家へ帰るが両親のすすめで戻る。この頃、省作に婿入りの話。おはまの仲立ちで三月ぶりに逢った二人はお互の愛情を確信。だが人妻の身をなげくおとよは彼に婿入りをすすめ、泣崩れる。深田家へ婿入りする省作をおとよは丘の上から独り見送る。しかし省作の妻つね子は自分にも恋人がいると告げ時期を見て結婚解消を約束。二人の仲は人目には睦じいが、おとよが離縁して実家へ戻ったと聞いた省作は深田家を去る。祭の日、省作はおはまの手引でおとよに逢い幸福な未来を誓うが、おとよには又新しい縁談。彼女の拒絶に父親は片意地になり僅かに兄夫婦が慰める。翌日、嫂お千代はおとよを連れ実家へ出掛ける途中、省作と落合う。お千代は実家に近い旅館に彼を泊めた。夕暮、ボートを借りて沖へ出た二人は離れた岸辺に流され抱き合って気を失っているのを発見された。噂は村中に拡まるが、おとよの兄佐介や薊の努力で父親も説得。省作が大学を出たら、おとよも上京する条件で承諾を得る。出発の日、おとよの父の姿がないのを省作は淋しがる。だが家の前で見送る父親の眼は涙でうるんでいた。やがてホームで見送るおとよとおはま。おはまの吹くハーモニカの音が汽車を追って流れた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/12/22]

映画情報を25件更新しました。

[2021/11/29]

映画情報を41件更新しました。