日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

地下から来た男
チカカラキタオトコ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年09月25日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
78分  

フランキー堺と市村俊幸の喜劇名コンビのために、書き下した人情諷刺喜劇。「ニコヨン物語」の川内康範と「帆綱は唄う 海の純情」の真弓典正の共同脚本を「ドラムと恋と夢」の吉村廉が監督、「おんな船頭唄」の中尾利太郎が撮影を担当する。主な出演者は、「病妻物語 あやに愛しき」のフランキー堺、「火の鳥(1956)」の市村俊幸、「ニコヨン物語」の丹下キヨ子、この作品の製作者でもある水の江滝子、「狂った果実(1956)」の東谷暎子、「洲崎パラダイス 赤信号」の牧真介、桂典子など。

スタッフ

製作
水の江滝子
脚本
川内康範真弓典正
監督
吉村廉
撮影
中尾利太郎
音楽
原六朗
美術
柳生一夫
照明
高橋勇
録音
米津次男

ストーリー

地下鉄が稼ぎ場のスリ滝口進平は、根は情にもろいお人好し。今日もカモを狙って電車に乗る中、古い友達仲間の熊田刑事を見つけギョッとする。一策案じた進平は、熊田をスリと偽って一杯喰わせ、デパートの屋上からスリとった空財布を捨てる。財布はサンドイッチマンやらずのお京の頭の上に。お京はスリの足を洗った今では、熊田に惚れこんでいる。進平は、ふとしたことでスリの野木一家の姐御米子と知り合う。米子は父の跡目を継いだだけ、スリの前歴はないが彼女の連れた女の子恵子は、米子の父に代って服役している男の子供。米子の世話も恵子の母松代は快く思わない。東京新スリ派集団の兄い株進平は、お京のスリ団脱退につき審議会を開く。お京の意向は認めたが、話題は野木一家の場所荒し。一方、先祖伝来の名誉挽回のためイヤイヤ親分の盃を交した米子。進平は熊田刑事に堅気になれと言われ、その気になるが、急報で野木一家のいたちの平太と松吉が地下鉄を荒している現場に走る。だがスラれた女学生はお京の娘チャー子。大変な代物で進平に子分加入を頼む程。とは知らぬお京は、娘の上京の手前、堅気な奥さんの体面をつくろうため熊田に三日でいいから一緒になってと頼みこむ。チャー子は平太から盃を貰う。米子に境遇を打明けた進平は嬉しそう。だが野木一家の女親分が米子と知り、憤慨の末、コンクールで腕を張り合うことになる。今はお京と一緒になる決心をした熊田刑事に事情を知らせた進平は米子と組になってコンクールに出場。だがお互に何もしらない中、慕情が甦り米子の真情も判って大喜び。スリ達は成果を賞められ有頂天。歓迎慰労会に向うバスに乗った一同は、留置場へ御案内というマイクの声に顔面蒼白と化した。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/12/28]

映画情報を68件更新しました