日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

俺は死なない
オレハシナナイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年08月21日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
101分  

復讐の闘志に燃えて過去を追い、妥協を知らぬ男の物語。坂井一彦の原案から「裸形家族」の山内久と監督の岩間鶴夫が脚本を書き、「魔の季節 春のみづうみ」に次いで監督した。撮影担当は「人妻椿 (前後篇)(1956)」の森田俊保。主な出演者は「晴れた日に」の佐田啓二、杉田弘子、「ホガラカさん (二部作)」の野添ひとみ、その他清川新吾、小沢栄、浦辺粂子、石黒達也等の他「青春の音」の渡辺文雄が入社第一回出演。

スタッフ

製作
久保光三
原案
坂井一彦
脚本
山内久岩間鶴夫
監督
岩間鶴夫
撮影
森田俊保
音楽
加藤光男
美術
平高主計
照明
磯野春雄
録音
新楠元

ストーリー

終戦直後、台湾から脱出を計った関口、親友矢吹ら将校一行は上司本庄の裏切りで中国軍のため虐殺。関口だけが一命を全うし帰国する。だが両親兄弟、許嫁の総てを失った彼は復讐鬼と化し故国で運輸業を営む本庄組で働くことになる。矢吹は死に際、妹冴子の後事を関口に託したが、冴子は皮肉にも本庄の情婦で、彼が経営するバーのマダムになっていたのだ。関口は彼女に真実を語れず優しく見守るだけ。そうした彼の態度に冴子は惹かれる。本庄組と同業中山組の喧嘩を無事に収めたことから本庄は関口を重用するが腹心袴田は彼を妬む。本庄の娘須美子は母亡き現在、父親と二人暮し。父の悪事を知り悲しんでいる折、関口と知り合い彼を愛するようになる。関口も彼女の純真さに惹かれるが十年来本庄への復讐を考えつづけた心に人の感情が芽生え苦悩する。彼はある日、本庄に復讐を宣言、以来危険に脅かされるが却って闘志を燃やし、死んだと思った戦友香川からも確証を聞き今は機会を侍つばかり。関口から総てを聞いた冴子はどうすることもできず涙にむせぶ。関口は本庄を殺そうとしたが、真実を以て非を諭す娘須美子に本庄も心から後悔。袴田は本庄組を乗っ取ろうと本庄や冴子を殺すが関口は格闘の末、負傷しつつも袴田を警察の手に渡す。関口は一人残った須美子の幸せを祈りつつ、自らも新しい人生へと踏み出して行った。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/03/26]

映画情報を52件更新しました。