日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年06月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

暁の逃亡
アカツキノトウボウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年08月28日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
80分  

無音拳銃による白昼の連続殺人事件のスリルとサスペンスの中に海に生きる老船長と若い船員の心暖まる人間愛を描く。スタッフは、脚本高岩筆(野郎ども表へ出ろ)、監督小杉勇(名寄岩涙の敢斗賞)、撮影峰重義(狂った果実)。主な出演者は監督の小杉勇、「太陽の季節」の長門裕之、「娘巡礼流れの花」の浅丘ルリ子、「地獄の札束」の水島道太郎、「洲崎パラダイス 赤信号」の植村謙二郎など。

スタッフ

製作
岩井金男
脚本
高岩肇
監督
小杉勇
撮影
峰重義
音楽
小杉太一郎
美術
小池一美
照明
三尾三郎
録音
福島信雅

ストーリー

無音拳銃による連続殺人に警視庁は捜査を進めるが、担当の須藤刑事が殺害され行詰る。この頃、港へ着いた山田仙吉老船長のかもめ丸は次の荷主旭商事の電気器具を運ぶことになり、その前金を貰った船員一同は久しぶりに上陸。若い船員三郎は素人無線に凝っているが仙吉とは親子以上の仲である。仙吉は夜霧の中に佇む女、沢村ユキを見て、彼が十五年前、心変りを怒って殺した馴染女和代に瓜二つと驚く。仙吉は以来改名し、警察や和代の夫島崎の追求を逃れていたが、心惹かれるまま彼女を船に誘う。帰船して驚いた三郎もいつか彼女に惹かれて行く。だが彼には船主三原社長の令嬢真紀子が恋人。三郎は旭商事社長岸の申し出で陸に留ろうと考えたが、仙吉に強制され止むなく船に戻る。かもめ丸はユキの他、怪自動車にハネられて死んだ西沢と帰港から消息のない大庭の補充の旭商事の和久井、沼口を乗せて出航。途中、指令で大阪から黒崎へ進路変更。警視庁捜査一課長は死んだ須藤刑事の探索から、かもめ丸の電気器具こそ無音拳銃と探知捕捉の急報を発す。仙吉がユキは悪者の手先と知った時、現われた快速艇から島崎が出現。九州に待つ取引先まで終点をのばせと強制する。だが仙吉は隙を見て体当りを敢行、一味と乱闘になる。三郎は愛用の無線機でSOSを打電。ユキは仙吉の危急を見て島崎と相射ちに倒れ、そこに海上保安庁の巡視船が近づく。一味は捕縛、港に戻ったかもめ丸。三郎を出迎える真紀子。傷ついたユキと、過去の罪状で護送される仙吉を見送る三郎は、海に一生を賭けると改めて誓った。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/06/29]

映画情報を108件更新しました。