日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

逆光線
ギャクコウセン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年08月14日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
91分  

「太陽の季節」「狂った果実(1956)」に続く“太陽の季節シリーズ”の第三篇。今回はその女性版である。岩橋邦枝の原作“逆光線”“熱帯樹”から「しあわせはどこに」の池田一朗が脚色、「太陽の季節」の古川卓巳が監督した。撮影担当は「志津野一平 謎の金塊」の姫田真佐久。主な出演者は「狂った果実(1956)」の北原三枝、「おんな船頭唄」の安井昌二、「燃ゆる黒帯 花の高校生」の青山恭二、木室郁子、「しあわせはどこに」の二本柳寛、ほかに渡辺美佐子、香月美奈子、泉桂子の新人群、信欣三、高野由美のベテランなど。

スタッフ

製作
大塚和
原作
岩橋邦枝
脚色
池田一朗
監督
古川卓巳
撮影
姫田真佐久
音楽
小杉太一郎
美術
高田一郎
照明
岩木保夫
録音
八木多木之助

ストーリー

女子大生芳田玲子は恋人の文大生真木との恋愛に積極性を示す他、彼の子供会にも熱意を持つ行動派の娘。同じ寮の級友恵子はバーで働いた金を文大生の恋人白井との結婚資金に積立てるチャッカリ型。ある日、子供会に級友元子の恋人寺村が来る。ハンサムでアクロバットの巧い彼は子供達に大人気。だが真木は不気嫌である。玲子は恵子の酒場で寺村に会い、急速に親しくなる。この頃、玲子の新アルバイトは中学生石本直彦の家庭教師。船会社の重役である父親博彦は彼女の若さに自らの失ったものを感じ、惹かれて行く。寮でパーティのあった夜、玲子と寺村の踊りは注目を集める。その晩、結婚を申込む真木に玲子は愛情を縛られたくないと拒絶する。玲子は石本家に泊った夜、博彦と結びついた。だが責任を感じる彼に玲子は共犯よ、と言い切った。恵子が不用意に口をすべらしたことから元子は玲子に寺村との仲を詰問するが、玲子は彼が綺麗だから好きなだけだと言う。やがて元子は寺村と結婚すると寮を出た。級友の光枝も、恋人伊原と婚約を発表。そのパーティで真木は叉もや玲子に結婚を迫る。こうした真木に玲子はイヤ気がさして来た。夏休み、玲子は石本家の人達と蓼科へ行く。やがて子供らを引率して来た真木は石本の膝に顔をうずめる玲子の姿を見た。真木の痛罵に、玲子は貞節とは個人を愛することかと言い返す。だが父と玲子の抱擁を見た直彦は、探しにきた二人の自動車にとびこみ自殺を計る。何も知らぬ澄江夫人の前、重傷を負った直彦の枕頭に立った玲子の手に、直彦は思いきり噛みついた。自分を一番愛してくれたのは直彦のような気がすると言い残し、玲子は今は博彦にも別れを告げた。子供会のファイアの跡。足をとめた彼女は衣服を脱ぎすて、全裸のまま湖に走りこむと、我武者羅に泳いで行った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/08/27]

映画情報を61件更新しました。

[2020/08/04]

映画情報を100件更新しました。

[2020/07/27]

映画情報を62件更新しました。