日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ロマンス娘
ロマンスムスメ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年08月15日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
97分  

「ジャンケン娘」に引続いて、ひばり、チエミ、いづみのトリオが顔を揃えた第二弾。歌って笑わすイーストマンカラーの明朗ミュージカル。平凡所載の井手俊郎の原作を井手俊郎と「警視庁物語 魔の最終列車」の長谷川公之が共同で脚色し、「大暴れチャッチャ娘」の杉江敏男が監督、同じく完倉泰一が撮影を担当した。主な出演者は「宝島遠征」の美空ひばり、「大暴れチャッチャ娘」の江利チエミ「お嬢さん登場」の雪村いづみ、「花嫁募集中」の森繁久彌、「新婚第一課」の江原達怡、「チエミの婦人靴」の井上大助、「怨霊佐倉大騒動」の花井蘭子、「恐怖の逃亡」の宝田明、ほかに藤原釜足、清川玉枝、小杉義男、小川虎之助、三好栄子、飯田蝶子など。

スタッフ

製作
杉原貞雄
原作
井手俊郎
脚色
井手俊郎長谷川公之
監督
杉江敏男
撮影
完倉泰一
音楽
神津善行
美術
村木忍
照明
金子光男
録音
藤縄正一

ストーリー

寿司屋のルミ子、牛乳屋のエリ子、花屋のミチルの三人は大の仲良し。ルミ子の町がお祭りの日、エリ子達はボーイフレンドの中原と山崎を誘いルミ子の家に出かけ、夏休みは五人で自転車旅行をしようと計画。テニスのコーチャー久保田の叔父が会長をしているデパートで、ルミ子とミチルは玩具売場、エリ子は荒物雑貨売場で働き旅行の費用を稼ごうと懸命である。熱心な三人は新聞の「もの申す」欄でお客の応待を賞められたことから会長さんの邸で御馳走になる。年頃になっても男友達のないルミ子は久保田さんにひそかな想いを抱き始める。三人が再び会長の邸を訪ねると、森下という中老紳士が、三年前に家出した会長の娘の子供ユキ子を連れて来ていた。だが当のユキ子が黙り込んで笑いもしないので会長は御気嫌斜め。三人は何とかしてユキ子の御気嫌をとろうと久保田も誘って遊園地に出かける。化物屋敷に入ったエリ子がシツッコイお化けに腹を立てて投げ飛ばすと、現われたのはここでアルバイトしている中原と山崎。しかしユキ子のお冠りはすっかり直り、会長も御気嫌。森下に謝礼を出してユキ子を引取る。そのお祝いの日、森下が昔別れた妻だと見せた写真は意外にもミチルの母。ルミ子は森下をミチルの家に案内する。ミチルの母を見た森下は改心し、会長の孫だとユキ子を連れてきたのはペテンだが、これからは真人間になると謝礼の小切手を返す。しかし会長は総てを知ってもユキ子に夢中。夏休みも終り近い頃、三人娘と恋人達は三台の相乗り自転車で待望のバイク旅行に出た。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。