日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

新婚第一課
シンコンダイイッカ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年07月20日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
86分  

平凡なサラリーマンの新婚生活をユーモラスにスケッチした土岐雄三の“新婚社員”から、「暗黒街」の若尾徳平と「不良少年(1956)」の西島大が共同脚色、「女房族は訴える」の筧正典が監督した。撮影担当は「妻の心」の玉井正夫。主なる出演者は「妻の心」の小林桂樹、「ならず者(1956)」の岡田茉莉子、「驟雨」の東郷晴子、「大暴れチャッチャ娘」の久慈あさみ、伊豆肇、「恐怖の逃亡」の中田康子、「極楽大一座 アチャラカ大当り」の柳家金語楼、三木のり平、「不良少年(1956)」の藤木悠。他に江原達怡、藤原釜足、森川信、沢村いき雄など。

スタッフ

製作
堀江史朗
原作
土岐雄三
脚色
若尾徳平西島大
監督
筧正典
撮影
玉井正夫
音楽
松井八郎
美術
北辰雄
照明
石井長四郎
録音
三上長七郎

ストーリー

仁科保夫は、安井銀行丸の内支店に勤める優秀なサラリーマン。水島常務の令嬢瑞枝と見事結婚にゴールインした。お互いに干渉せず自由を尊重しようと固く約束して新婚生活に入った二人は甘い毎日を送っていたが、そのうち保夫は新設の出張所の係長に栄転した。ある日、会社の案内係で、保夫を可愛がっていた野島の誕生祝に招かれた仁科夫妻は、そこで野島夫妻の互いに不平を言わず、いたわり合う姿を見た。しかし保夫と瑞枝は、夫婦はもっと自由であるべきだという結婚前の約束を思い出して不満に思った。転勤後、初めて古巣の支店を訪ねた保夫は、川上に誘われバー“ルビー”に行ったが、そこで以前同じ係にいた信子と会った。信子は保夫に失恋して銀行をやめ、ここで働いているのだという。その夜遅く、ワイシャツに口紅をつけて帰った保夫に、瑞枝は何の反応も示さなかった。互いに干渉しないという初めの約束には違いないが、焼もちをやかないのは愛情がないからか、と保夫は寂しかった。ところが瑞枝は焼もちを焼かぬどころではない。翌日から親友の敬子の紹介で保険の外交員になった。共稼ぎは表向きのこと、実は危い淵を渡る外交員になって夫に復讐するためだった。瑞枝がロマンスグレーの男と一緒の処を見た保夫はたまらない。その夜、瑞枝を殴りつけたが、彼女に実家へ逃げられ、腹いせに信子と一緒にホテルへ泊ろうとした。しかし信子は、保夫の心中を察して何事もなく帰した。ところが今度は瑞枝が納まらず、どこかへ雲隠れしてしまった。そこへ乗出したのが野島さん。うまく二人を逢わせることに成功、誤解もとけて仁科若夫婦はお互いにいたわり合う必要を改めて覚った。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /スタンダード(1:1.37)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/03/26]

映画情報を52件更新しました。