日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

泣き笑い土俵入り
ナキワライドヒョウイリ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年06月28日 
製作会社
東映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
60分  

旗一平の原案から海野太郎が脚本を書き「権三と助十 かごや太平記」のコンビ、斉藤寅次郎と福島宏が、監督、撮影をそれぞれ担当した“喜劇シリーズ”の姉妹篇。主な出演者は「権三と助十 かごや太平記」の花菱アチャコ、星美智子、初音礼子、益田キートン、「竜巻三四郎」の月丘千秋、「若さま侍捕物帳 魔の死美人屋敷」の山茶花究など。

スタッフ

企画
福島通人
原案
旗一兵
脚本
海野太郎
監督
斎藤寅次郎
撮影
福島宏
音楽
宅孝二
美術
中島敏夫
照明
城田昌貞
録音
小松忠之

ストーリー

胡蝶屋幸右衛門は傾いた家運再興のため温泉場を開こうと八五郎を土地の下見にやった。ところが温泉は全くのインチキと判り地主の大黒屋に詰問したが、逆に因縁をつけられ、その土地を買わされてしまった。幸右衛門にはお春という年頃の娘があったが大黒屋は、このお春に目をつけていた。ある日、お春は、踊りの師匠で大黒屋の情婦のお仲に伴われ鷲ヶ嶽巡業の宴に招かれたが、手ごめにしようとする大黒屋に狙われ、危うく八五郎に救われた。だが運悪く八五郎は贋金造りの犯人に間違えられ、幸右衛門も共犯として投獄されてしまった。お春は芸者に身売を覚悟で保釈金を都合し、二人を牢から出してやったが、その帰途、インチキ温泉の釜焚きをしていた松太郎と数年ぶりに出逢った。松太郎は今や梅の花という人気力士に出世の身分だが、幸左衛門にひいきされる梅の花を憎むのは大黒屋だった。鷲ヶ嶽との決戦を前に、何かと梅の花にケチをつける大黒屋に対抗して、幸右衛門は、お春が身を沈めて作った金で江戸一番の化粧回しを注文したが、お春を思う哀しみに、その夜首吊りをはかり、八五郎の機転で死を免れるや、翌日から餅屋を開業、人が変ったように働き出した。一方大黒屋は、鷲ヶ嶽と梅の花の対戦を明日に控え、千両箱を賭けて、この勝負で一儲けしようと企て、しかも梅の花を弱らせるため、子分を使って怪しげな薬を飲ませようとしていた。ところが薬を飲んだのは鷲ヶ嶽、軍配は梅の花に上った。慌てたのは大黒屋、贋金造りの一切がばれて捕手の縄目にかかる。不振の幸右衛門の店は、梅の花の応援で忽ち力餅は売切れ、江戸一の大繁昌ぶり。梅の花とお春の顔は希望に燃えて明るかった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。

[2021/05/28]

映画情報を52件更新しました。