日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

あなたも私もお年頃
アナタモワタシモオトシゴロ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年06月21日 
製作会社
大映京都 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
81分  

雪村いづみが大映初出演する青春歌謡映画。「新婚日記 嬉しい朝」の笠原良三の脚本を、「天国はどこだ」の松林宗恵が監督した。撮影は「刑事部屋」の本多省三。主な出演者は「お嬢さん登場」の雪村いづみ、「祇園の姉妹」の勝新太郎の他、SKDから大映に入社し、この作品でデビューする新人星和子改め若松和子、「喧嘩鴛鴦」の江島みどり、「続二等兵物語 五里霧中の巻」の田端義夫、「愛と智恵の輪」の小沢栄など。

スタッフ

製作
武田一義
企画
浅井昭三郎
脚本
笠原良三
監督
松林宗恵
撮影
本多省三
音楽
大森盛太郎
美術
太田誠一
照明
中岡源権
録音
大角正夫

ストーリー

新太、三平、春美たちの楽団ニュースターズは東京の大劇場進出を夢みているが今はしがない田舎回りの旅興行を続けているある日、彼らの旅の車中に、一人の宿なし少年が紛れ込み、新太の断るのも聞かずむりやりついて来た。ところが、その子は意外に歌がうまく、新太が面倒を見ることになったが、初め男の子とばかり思ったその子が西条ゆかりという女の子で、父の清之の行方を探していると聞いて、すっかり同情してしまった。清之は、かつてバンドマスターだったが、座員の使い込みの責任を感じて失踪したのだ。春美や三平も、ゆかりの父探しに協力することになった。一座が不入りの旅を続ける、ある日、ゆかりに京都洛西ホテル・Pよりと署名した匿名の手紙が届き中から千円の為替が出て来た。一行が次の興行地京都に着くと、新太は洛西ホテルに行き“P”とは東京の一流劇場のプロデューサー秋山であることを知った。折しも、ゆかりの舞台を見た秋山は、ゆかりを東京の劇場に出演させたいと云ってきた。ゆかりを心から愛するようになっていた新太は秋山をホテルに訪れその企てをなじるが、その場に現われたホテルの掃除人清之は二人に、ゆかりの実の父は自分で、以前勤めていた楽団の金使い込みの責任を負い、行方をくらました身の上を隠すため、秋山の手を経てPの署名で送金したことを告白した。ゆかりの幸福を願う新太は、わざと彼女に辛く当って東京に戻るよう仕向けた。やがて東京では新スターとして華やかに登場したゆかりが、秋山の指導で満都の注目を浴びていた。その夜の舞台で、秋山は、今は楽団のピアニストとして復活した清之をゆかりに引き会わせ、併せて父娘対面の陰の力としての新太をジャズ界の新人として紹介した。秋山の援助で長いドサ廻りにも別れを告げた三平、金助、ひとみたちは、幸せそうなゆかりと新太を中心に、胸一杯の喜びをこめて唄い続けた。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/09/26]

映画情報を53件更新しました。