日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

唄祭母恋しぐれ
ウタマツリハハコイシグレ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年06月08日 
製作会社
宝塚 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
45分  

一四七号掲載「唄祭けんか道中」に続いて歌手三浦洸一と沖諒太郎が主演した人情捕物時代劇。滝富雄のオリジナルから「唄祭けんか道中」のコンビ倉谷勇が監督、近藤憲昭が撮影を担当した。主な出演者は三浦洸一と沖諒太郎の他、新人夏亜矢子、松浦築枝など。

スタッフ

脚本
滝富雄
監督
倉谷勇
撮影
近藤憲昭
音楽
河村篤二
美術
東和夫
照明
中江啓介
録音
高木梅之助

ストーリー

淡路島のとある港に船を降りた大阪の海産物問屋津の国屋の番頭弥之助は、港の休み茶屋に旅装をといた。茶屋の娘お千代は度々島を訪れる弥之助にいつしか恋心を持ち、二人の仲はお千代の祖父作兵衛も認めていた。そのころ大阪では幻の銀次という怪盗が町家を荒し回っていたが、その姿を見た者は一人もなかった。弥之助がお千代と話合っている時やくざ風の男が茶屋に入って来た。この男は幸吉と名乗り、明日から始る村祭りに何かボロい儲けはないかとやって来たというのだが、その態度には何か曰くがありそうだった。翌日、海沿いの街道を、なぜか人目を忍ぶように行く弥之助の姿があった。山腹の一軒家に着いた弥之助は、あたりを窺い「お母さん、銀次郎です」と戸を叩いた。弥之助とは世を忍ぶ偽りの名、彼こそ幻の銀次その人であった。銀次の母おたみは嘗て自分を欺き大金を奪った男を怒りの余り殺したが、その秘密を知る土地のやくざ舟虫の安は、おたみを強請り多額の金を要求していた。折から現われた安は、銀次の携えて来た金を、おたみから受取ったが、強慾な安は満足せず、更に多額の金を要求した。遂に肚に据えかねた銀次は、その夜、安を待伏せて斬った。これで母も安心が出来ると、ほっとした銀次の前に、幸吉が現れた。しかも彼の手には十手が握られていた。翌日、祭りの幟がはためく下を、銀次は何も知らぬお千代に切ない別れを告げ、幸吉に伴われ再び船の人となった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/11/29]

映画情報を54件更新しました。