日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年06月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

帆綱は唄う 海の純情
ホヅナハウタウウミノジュンジョウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年05月31日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
48分  

勇壮な捕鯨を背景に海の男の生活を描く歌謡メロドラマ。脚本は新人田辺朝巳、真弓典正の共同。監督は「港の乾杯 勝利をわが手に」の鈴木清太郎、撮影は「東京の人」の永塚一栄が担当した。主な出演者は、流行歌手の春日八郎、「快傑耶茶坊 (前後篇)」の小林重四郎、「志津野一平 浴槽の死美人」の高友子、「黒帯有情 花と嵐」の小田切みき「ドラムと恋と夢」の木戸新太郎、その他高田敏江、天草四郎、明美京子などである。

スタッフ

製作
茂木了次
脚本
田辺朝巳真弓典正
監督
鈴木清太郎
撮影
永塚一栄
音楽
江口夜詩
美術
柳生一夫
照明
大西美津男
録音
神谷正和

ストーリー

南氷洋を目指して出航した捕鯨船団。その中には唄のうまい春海八郎の乗り組む北洋漁業の磐城丸の姿があった。乗組員は八郎の他に、がんこ一途の織田船長や二枚目気取りの大山航海士、川村機関長、遠藤水夫長など。しかし砲手を兼ねる織田船長はカラ打ちばかりで鯨を逃し、ヤケになって船員に当り散らす始末に、自然乗組員とも不和になって行った。大山、遠藤、川村の三人は帰航と同時に本社の横山部長に、不漁の原因は船長にあると訴えた。気分直しに料亭“水月”で宴を設けた乗組一同の前に現われた柔道芸者の鈴菊は、男前の八郎に一目惚れしてしまったが、八郎自身は船長の娘和枝の純情さに首ったけ。ところが酔い潰れた船長を送り届けた八郎は、鈴菊がつけたYシャツの口紅を和枝に誤解されてしまった。追い返された八郎は身投げしたバーの女給由美子を救ったことで、鈴菊と由美子に奪い合いされる始末。女難に閉口した八郎は横山部長に助けを求めたが、部長のインテリ娘美代にも惚れ込まれてしまう。こうした八郎を妬んだ大山は、彼が砲手の地位を狙っていると船長に中傷し、それを洩れ聞いた和枝も大山の言葉を信じてしまった。船団は再び出航し、勝気な美代は男装して乗り込んだ。鯨を狙った船長は、今度は見事に射止めて船員を喜ばせたが大浪にさらわれ腕を骨折した。代った八郎は次々に現われる鯨を見事に仕止め、船長の誤解もとけた。港に戻った八郎を、美代の説明で誤解をといた和枝が迎えた。デッキによりかかって和枝の肩を抱えた八郎は、お得意の唄を、心地良く波間に響かせていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/06/29]

映画情報を108件更新しました。