日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

唄祭けんか道中
ウタマツリケンカドウチュウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年05月24日 
製作会社
宝塚 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
45分  

紙啓二の脚本を「天狗の源内」の倉谷勇が監督し、時代劇に初出演の歌手三浦洸一が主演する股旅人情劇。撮影は「漫才長屋に春が来た」の近藤憲昭。主な出演者は三浦洸一の他、「恋すがた狐御殿」の沖諒太郎、「女の学校」の浦路洋子、環三千代など。

スタッフ

脚本
紙啓二
監督
倉谷勇
撮影
近藤憲昭
音楽
河村篤二
美術
東和夫
照明
中江啓介
録音
高木梅之助

ストーリー

伊豆の弥太郎は利根川べりの大喧嘩で大勢を斬ったため、暫く草鞋をはくことになる。彼はとある山中で顔役黒牛一家に襲われた女芸人お新を助けたが、弟分の三崎の幸太郎がお新の亭主になる筈と知ってガッカリした。二人に別れた弥太郎は、街道でうすのろの子分金太を連れた娘お駒に出会う。何とかお駒と仲良くなろうとする弥太郎は、ある夜お駒が父の仇伊豆の弥太郎を追う身と知り驚く。にせ者の正体に興味を宜えた弥太郎は、お駒に助太刀を断わられても彼女の後をつけて行き、ある宿で弥太郎と名乗るやくざ者に出会ったが、彼がお駒に知らせる前、にせ者は逃げ出してしまった。折角の仇を眼の前にしながらと怒るお駒も意に介せず、弥太郎は相変らずお駒の後をつけて行くある峠の茶屋で、弥太郎が土地の親分太田の弥平の許に草鞋を脱いでいると聞いたお駒は、弥平に訳を話して弥太郎の引渡しを申し出た。だが美しいお駒に邪念を起した弥平は、お駒の体と引換えると難題を吹っかける。怒ったニセの弥太郎は、自分の本名が南部の磯吉であることや、お駒の父を斬ったのは弥平に頼まれてしたことだと真相をバラしてしまった。今やこれ迄と弥平や子分共はお駒を襲うが、金太の注進でそこに飛び込んで来た本物の弥太郎は一家を叩き伏せ、お駒に仇討を遂げさせたホッとする間もなく、役人が来ると知らせに来た幸太郎とお新にお駒を托した弥太郎は、役人を誘導して逃げて行った。やがて街道の二筋道。幸太郎とお新の睦じい姿を見送ったお駒は、遥かな道の末に待つ弥太郎の姿に、金太を連れていそいそと駈けて行った。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/11/29]

映画情報を54件更新しました。