日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年11月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

無法者の島
ムホウモノノシマ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年06月01日 
製作会社
大映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
93分  

平田一倍の原作“牛鬼の町”を、「流転(1956)」の井手雅人が脚色した、闘牛をめぐる男の意地と恋の物語。監督は「恋と金」の枝川弘、撮影は「火花」の渡辺公夫。主な出演者は「火花」の鶴田浩二、「浅太郎鴉」の黒川弥太郎、「人情馬鹿」の角梨枝子、「チエミの婦人靴」の青山京子、「裁かれる十代」の加東大介など。

スタッフ

製作
永田秀雅
企画
塚口一雄吉田源次郎
原作
平田一倍
脚色
井手雅人
監督
枝川弘
撮影
渡辺公夫
音楽
加藤三雄
美術
間野重雄
照明
柴田恒吉
録音
長谷川光雄

ストーリー

四国の南端。平家の落武者が住みついたという、入江に囲まれたこの集落は闘牛で名高い。今日も集落には牛市がたち、雑沓を極めていた。岬のゴンゾが出した黒牛“大天狗”は五万の高値を呼んだが、人並はずれた腕力と体躯の持主、博労の兵が半値以下で強引にひいて行ってしまった。だが乱暴者の兵も、闘牛の勧進元で旅館も兼ねている陣屋の女主人常代には、柄にもなく恋心を抱いていた。ある日、この村へ都会風俗の青年が降り立った。一計を案じた駐在の井原巡査は、とぼけたこの青年を行方不明で柔道六段の加川七郎に仕立て兵に対抗させようとした。青年と何度か会う内に心を惹かれるようになった兵の妹芳子は、柔道六段が何だとはやる兵を必死になだめた。そのせいか次のせり市で一番良い牛が陣屋の手に落ちても兵は青年に手出しせず兵に気のある常代を落胆させた。せり市が終っても村を去らない青年に慌てた巡査は、芳子に青年の正体を知らせ逃げろとすすめてくれと説く。その甲斐あって翌朝の船に乗り込んだ青年は、その晩、ずぶ濡れ姿で兵の家に現われて芳子が与えた金を返し、闘牛で陣屋の牛が勝ったら芳子をくれと申込んで二人を驚かせた。さて牛祭りの日、青年の身を案ずる芳子の心配もよそに、陣屋の“黒潮”は兵の“大天狗”を倒した。のっそりと立ち上った兵の挑戦に応えた青年は村人一同の前で意外にも兵を散々投げとばし、結局は二人共フラフラになってしまう。だが加川七兵衛の出現で青年は本物の加川七郎と判り巡査は呆然とした。闘牛の収益で分教場の増築も実現し、七郎は彼に惚れ込んだ兵と親爺七兵衛の許しで、芳子を連れて東京に戻ることになった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/11/29]

映画情報を41件更新しました。

[2021/10/27]

映画情報を39件更新しました。