日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年06月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

忍術選手権試合
ニンジュツセンシュケンジアイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年05月25日 
製作会社
大映京都 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
44分  

一四三号掲載「忍術武者修業」と同一スタッフであるが、配役に「浅太郎鴉」の舟木洋一、水原浩一、「残菊物語(1956)」の上田寛、天野一郎などの追加がある。

スタッフ

製作
武田一義
企画
浅井昭三郎
原作
吉方鶴三
脚色
川内康範
監督
安田公義
撮影
竹村康和
音楽
高橋半
美術
菊地修平
照明
古谷賢次
録音
林土太郎

ストーリー

インチキ忍術使い福太郎の手で悪家老大仁良兵衛一味の襲撃から救われた小夜姫は無事、父保井北佐々守の居城、波乱万城に帰ることが出来た。福太郎を慕って後を追って来たお八重は、城下で奇術師唐人斎一座を知った。また福太郎の忍術極意書を狙う狼人石川六右衛門も大仁一味に加わり、六右衛門の妻おさとは子供を連れて夫の後を追い、ここに登場人物悉く波乱万城下に集まることとなった。良兵衛一味の密談の場所に福太郎は忍びこんだが発見され、危いところをお八重の気転で助けられた。福太郎のおっちょこちょいが心配でたまらないお八重は唐人斎一座に応援を頼んだ。一方、ことが進行しないので業をにやした良兵衛は姫の婿を決める剣術大試合に相手を買収して八百長勝負をやり、自分が一等賞になって合法的に姫と藩を手に入れようとした。恋人の中村千代之進を勝たしたい一心の姫は、これも試合出場に胸躍らせる福大郎に是非負けてくれと頼んだ。姫に相当参っていた福太郎は当が外れてがっかりしてしまった。試合当日、良兵衛の策は功を奏し、姫の頼みとする千代之進も敗れてしまった。むくれて試合にも出ず宿にいた福太郎は急を聞くや、高田の馬場にかけつける安兵衛気取で試合場へかけつけ、お八重の頼みで現われた奇術師一座の奮闘のおかげで見事良兵衛一味を屈服させた。かくて保井北藩のお家騒動は納まった。福太郎は自分の忍術がインチキであったことを改めて認識し悄然となったが、いつに変らぬお八重の真心を知り心機一転、二人は結婚して家業の質屋経営に精を出すことになった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/06/29]

映画情報を108件更新しました。