日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年06月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ドラムと恋と夢
ドラムトコイトユメ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年06月14日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
Drumbeat  
上映時間
55分  

「丹下左膳(1956)」の水の江滝子が製作したミュージカル・コメディ。新人待田京介の脚本を「ただひとりの人」の吉村廉が監督した。撮影は「俺は犯人じゃない」の間宮義雄。主な出演者は、「青春をわれらに」のフランキー堺と市村俊幸、「裏町のお転婆娘」の木戸新太郎、「真昼の暗黒」の菅井一郎、「色ざんげ(1956)」の北原三枝、「地獄の波止場(1956)」の三橋達也、「愛すればこそ」第二話の中原早苗など。他に映画中のショーの出演者として、三国連太郎、伊藤雄之助、大坂志郎、葉山良二、新倉美子等が顔を見せる。色彩はコニカラー。

スタッフ

製作
水の江滝子
脚本
待田京介
監督
吉村廉
撮影
間宮義雄
音楽
松井八郎
美術
木村威夫
照明
藤林甲
録音
八木多木之助

ストーリー

騒音に明け暮れする遊園地の一角。見世物小屋の通称フラ公は一流のドラマーになることを夢みて今日も空地でバケツを叩いていたが親方に叱られ、食物屋スマイルの親父のところに逃げ出した。彼は、そこで無銭飲食をした盲目の娘侍子を知った。彼女は、二、三年前急に盲目となり、田舎から持参した治療費も悪い男に盗られて、死のうと決心していた。フラ公は自分を一流音楽家だと偽って彼女に治療費を出すと約束し、その夜の野外劇場ジャズ演奏会でドラムを演奏すると言ってしまった。演奏会場では、フラ公はスマイルの親父と仲間のサブ公の声援の声色で、何とか待子を信用させたが、肝心の金策は親方にも断られ、困り果てて懸賞レスリング試合に飛び入りした。相手は強力“殺人コング”。仲間のサブは、当夜コングに眠り薬を盛ろうとしたが間違えたフラ公がリングで眠りこけて大騒ぎになった。だが興奮剤の効いたコングはマットに頭をぶっつけてKOしフラ公は見事、賞金を得た。入院した待子は、眼帯が取れる日を待ちつつ、フラ公を素敵な若紳士フランク吉田だと考えていた。やがて眼帯をはずされた待子はフラ公を見て「フランクさんのような気がする」といったが、彼は懸命に否定し、フランクは旅に出たが必ず帰ってくる、と慰めた。その夜、フラ公は待子の面影を抱いて見世物小屋を後にした。彼の歌声に総てを知った待子は後を追おうとしてスマイルの親父に止められ、遠ざかるフラ公の姿をいつまでも見詰めていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/06/29]

映画情報を108件更新しました。