日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

栄光と驀走王
エイコウトバクソウオウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年04月11日 
製作会社
新東宝 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
Speed King  
上映時間
93分  

「君ひとすじに」の館岡謙之助の脚本を「黒帯無双」の内川清一郎が監督、「大学の武勇伝」の岩佐一泉が撮影を担当した。主なる出演者は、「社長三等兵」の田崎潤、「チエミの初恋チャッチャ娘」の高島忠夫、「君ひとすじに」の久保菜穂子、高田稔、「大学の武勇伝」の筑紫あけみ、「嫁ぐ日」の細川俊夫など。

スタッフ

製作
土屋達一郎
企画
鈴木健之
脚本
館岡謙之助
監督
内川清一郎
撮影
岩佐一泉
音楽
大森盛太郎
美術
黒沢治安
照明
傍士延雄
録音
道原勇二

ストーリー

警視庁交通違反係の警官野上修三は、今日も白バイを駆って京浜国道を走っていた。その姿に惚れ込んだモーター会社の社長からオートバイ競走の選手になれと勧められたが言下に断った。修三の弟俊介は、ジャズ交響曲の作曲家を夢みている。ある日、彼はアルバイト先のキャバレー・ジョーカーで、名古屋から来たばかりのダンサー橋爪鷹子がバンドマスター安田の毒牙にかかろうとしているのを救ったことから、クビにされた。鷹子をアパートに連れ戻った俊介は、彼女を修三の恋人でバス・ガール小倉よし子の部屋に泊めて貰うが、その鷹子の発案で、翌日から二人は盛り場の流し芸人になった。鷹子の歌に目をつけたジョー力ーの井筒は、甘言で彼女を誘い、俊介は捨てられた。ヤケ酒に悩みを忘れようとする弟の姿に心を痛めた修三は、オートバイ競走の選手に転向し、ピアノを買ってやった。もと同僚だった四方田を破った俊介は、次の選手権レースでチャンピオン保持者の黒木と顔を合わせることになったが、レースの前日、黒木のパトロン井筒の奸策に陥り、倉庫に監禁されてしまった。だがその翌日、発走間際に鷹子に救い出され、死力をつくして優勝した瞬間、もんどり打ってオートバイの下敷きとなった。これも黒木一味の仕業で、病院に担ぎ込まれた修三は、右足を切断しなければならなかった。よし子に扶けられて演奏会場に現れた修三は、俊介の指揮する「青春交響楽」を聴いてうれし涙にくれた。すべてを知った俊介は、「今は僕が兄さんを応援する番だ」といった。その日、鷹子は俊介に祝いの言葉を残して名古屋に帰って行った。修三とよし子が結婚する日も遠くはないであろう。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/09/26]

映画情報を53件更新しました。