日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

足のある幽霊
アシノアルユウレイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年03月04日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
34分  

「四人の誓い」の共同脚色者の一人、池田忠雄と「お母さんの黒板」の津路嘉郎が共同で脚本を書き、「続・この世の花 第6・7部」のコンビ、穂積利昌が監督、西川亨が撮影を担当した。主なる出演者は「美貌の園 (前後篇)」の船山裕二、「続・この世の花 第6・7部」の淡路恵子(二役)、川喜多雄二、「むすこ大学」の朝丘雪路、「四人の誓い」の坂本武など。

スタッフ

製作
大谷浩通
脚本
池田忠雄津路嘉郎
監督
穂積利昌
撮影
西川亨
音楽
万城目正
美術
逆井清一郎
照明
高下亨三
録音
堀義臣

ストーリー

山田吾郎は一年前に死んだ恋女房ふさ子のことが忘れられず、いまだに毎晩お経をあげ、再婚話などには耳もかたむけなかった。同じ職工仲間で長屋の隣室に住む川村利夫は、行きつけのバーの女給小林とみ子がふさ子に瓜二つなのを利用して、ふさ子の幽霊に仕立てて吾郎の家にやり、死んだものはいいかげんにあきらめるようにと云わせた。しかし吾郎は喜んで幽霊の手を握ろうとしたりするので、今度はとみ子に惚れている川村の方が慌ててしまうのだった。幽霊に夢中になっている吾郎を見て、田舎から吾郎の嫁の候補者花子をつれて上京した叔父さんも花子ともども逃げ出してしまった。とみ子もまた吾郎の純情を愛し始めた様子に川村はますます気をもむのだった。吾郎も内心ではこの足のある幽霊が本物の女性であることを察していた。ある夜、二人がまもに接吻しようとした時、隣の部屋から覗いていた川村が壁を破ってころがりこんできた。川村はとみ子には自分の方が優先権があると出張し、吾郎といい争った。突然、仏壇の写真が倒れた。吾郎は自分の浮気を亡き妻が怒ったのだと思い、とみ子を諦めて家を出て行き、河の中に飛びこんだが、丁度夜釣をしていた家主の舟の中に飛び下り、助かってしまった。そこへとみ子が駈けつけた。遂にとみ子をあきらめた川村がしょんぼり部屋に坐っているとふさ子の幽霊が現われた。今度は本物で足がなかった。幽霊は「利夫さん、いろいろ御苦労様」と云って消えた。あとに一枚の紙が落ちているので見ると、「あなたも早く結婚して下さい、ふさ子」と書かれてあった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/12/22]

映画情報を25件更新しました。

[2021/11/29]

映画情報を41件更新しました。