日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

愛情
アイジョウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年04月22日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
Lovers  
上映時間
96分  

石坂洋次郎の小説を「ただひとりの人」の共同脚色者の一人、池田一朗が脚色し、「母なき子」の堀池清が監督、「逢いたかったぜ」の高村倉太郎が撮影を担当した。主なる出演者は、「赤ちゃん特急」の浅丘ルリ子、「青春をわれらに」の坪内美詠子、「銀心中」の長門裕之、「いろは囃子」の山根寿子、「神阪四郎の犯罪」の金子信雄、清水将夫など。

スタッフ

製作
山本武
原作
石坂洋次郎
脚色
池田一朗
監督
堀池清
撮影
高村倉太郎
音楽
真鍋理一郎
美術
中村正
照明
大西美津男
録音
中村敏夫

ストーリー

東北のある温泉町。一高の入学試験勉強に来ていた野上太郎は湯治に来ている松山浜子を知った。浜子の姉の信子は若い二人を結びつけようとして画策した。宿の女中達は毎晩勉強していた太郎が浜子達とトランプ遊びに興じる姿を見ておどろいた。太郎が風呂に入っていると信子にそそのかされて意地になった浜子が飛びこんで来た。太郎は出るに出られず湯にのぼせて失神した。信子の夫圭吾がやって来た。信子は太郎の部屋に浜子を泊らせた。浜子は不眠の一夜を明かし、太郎が眠っている間に部屋を出た。眼をさました太郎は浜子の枕の匂いをそっとかぐのだった。やがて二人はお互いの愛情を告白しあい、太郎はもっと勉強することを浜子に約束するのだった。梅林で抱きあっている二人を見た信子は嫉妬の心を燃やした。近所に火事のあった夜、庭へ出た浜子は、おくれて出て来た太郎に「お浜ちゃん!」と囁かれて頬を上気させた。信子は嫉妬のあまり浜子を温泉場から引きあげさせることにした。最後の夜、信子は傷心の浜子を太郎の部屋に泊らせた。夜中、浜子は太郎に抱きしめられて目を覚した。太郎を必死に避ける浜子は、「浜ちゃんだって、火事の前に僕のところに来たじゃないか」といわれて愕然とした。部屋を飛び出した浜子は火事の夜、太郎の部屋に行ったのは信子であることを知った。浜子達の出発の朝、見送り人の中に太郎の姿がなく、部屋の机の上に別れの言葉を記したノートがおいてあった。太郎は思い出の梅林で自殺した。二十年たち、この事件を知る画家成田はその温泉場を訪れ、今もなお昔の面影を残す浜子と当時を語りあった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。