日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年5月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

東京の人
トウキョウノヒト

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年04月04日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
Family of Sorrow  
上映時間
126分  

北海道新聞、中部日本新聞、西日本新聞連載の川端康成の小説を「乳房よ永遠なれ」の田中澄江が寺田信義、西川克巳と共同で脚色し「赤ちゃん特急」の西川克巳が監督、「ビルマの竪琴(1956)」の横山実が撮影を担当した。主なる出演者は「丹下左膳(1956)」の月丘夢路、「神阪四郎の犯罪」の左幸子、滝沢修、新珠三千代、「死の十字路」の芦川いづみ、「ただひとりの人」の葉山良二など。

スタッフ

製作
坂上静翁
原作
川端康成
脚色
田中澄江寺田信義西河克己
監督
西河克己
撮影
横山実
音楽
池田雅之
美術
松山崇
照明
河野愛三
録音
橋本文雄

ストーリー

島木俊三は出版事業建直しの金策に失敗して東京に帰って来た。俊三の家には、朝子、清の二人の子を持つ未亡人で、宝石販売員の白井敬子がいた。戦後、妻を失い一人娘の弓子を男手一つで育てて来た俊三と敬子は結ばれていた。朝子は新劇の女優で、同僚の小山の子を宿したが、小山の言葉で中絶の手術を受けた。本当は母親になりたかったのだが。俊三の会社に働く小林みね子も俊三を愛していた。彼女は意欲的な俊三に憧れ、会社の倒産を前に俊三に近づいて来たのである。敬子は俊三の娘の弓子を実の娘よりも可愛がっていた。俊三はある日、会社の金を持ち出して失踪した。またある日、敬子は新興成金の田部に宝石を販売しに行く。田部の弟の昭男は青年医師で、かつて弓子の盲腸手術に立ち会ったことがあった。昭男を知り、俊三を失った敬子は彼にひかれた。昭男もまた敬子の虜となった。清はいつか弓子を恋するようになったが、弓子は昭男を慕っていた。共同募金のため銀座に立っていた弓子は連れだって歩く敬子と昭男を見て心痛のあまり家出をしてしまった。清もまた母に対して批判的であった。昭男と敬子の間を気づかった田部は弓子と昭男の縁談を持って来た。敬子は女の宿命に泣きながら昭男の子をおろした。やがて清が上野公園の近くにいた俊三を見つける。民生局一時保健所に預けられた俊三を、友人の家に泊っていた弓子が訪ねるが、父娘の間には何か遠いへだたりが出来ていた。弓子が敬子、清の清の三人で再度一時保健所を訪れるも、俊三はみね子と一緒に去ってしまっていた。彼は一通の別れの手紙をベッドの上に残し、何んに希望をたくすことなく、みね子と共に船で旅立っていった…。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/05/22]

映画情報を53件更新しました。

[2019/04/26]

映画情報を22件更新しました。