日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

女の足あと
オンナノアシアト

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年03月28日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
The Way She Walked  
上映時間
105分  

「お父さんはお人好し」の伏見晁、「乳房よ永遠なれ」の田中澄江、「青銅の基督」を監督した渋谷実の三人が脚本を書き、同じく渋谷実が監督、「元祿美少年記」の長岡博之が撮影を担当した。主なる出演者は、「泉」の有馬稲子、佐田啓二、小林トシ子、「続・この世の花 第6・7部」の淡路恵子、「駄々っ子社長」の大木実、「早春」の杉村春子、「むすこ大学」の石浜朗、他に文学座の文野朋子など。

スタッフ

製作
月森仙之助
脚本
伏見晁田中澄江渋谷実
監督
渋谷実
撮影
長岡博之
音楽
黛敏郎
美術
浜田辰雄
照明
水泉喜代司
録音
大村三郎

ストーリー

母かね子、弟良二と三人ぐらしの若い官吏浜田孝一はある日、平山のぶという見知らぬ田舎娘の来訪をうけた。のぶは信州の旅館で女中をしているとき、浜田孝一と名乗る青年に身を許し、叔父や旅館の女主人の反対を振りきって上京したのである。孝一の名を騙る男に弄ばれたと気がつくと投身自殺を図った。そんなのぶをあわれに思い、孝一は心当りの友人を訪ね回るが見当がつかない。そのとき安宅順介の姉ゆきのは弟の上役仁村、弟と結婚することになっていた正子の二人から、弟が正子を仁村にとられた腹いせに、会社の金を携帯して一カ月も前に姿をくらましたことを聞いてびっくりした。そこで彼女は孝一を訪ねて、金策を依頼し、穴を埋めた。一方、古傷を忘れようとしているのぶは、犯人を探さねばやまない孝一の態度が堪えきれず、東京に出ている郷里の友人なみを頼って飛びだすが、なみは工場にいなかった。そのまま工場で働くようになったなみは、工場主にいい寄られ、その妻にはいじめられて苦労するのだった。そのころ、街で偶然のぶに再会した孝一は、彼女の言葉から順介を犯人と推定し、彼を探し出して対決させた。のぶを愛し始めていただけに、孝一には対決させなければ済まない潔癖さがあったのだ。のぶにとって、順介こそ忘れがたい人間だったが、彼が押し黙っているのを見ると、「私はこの人を知りません」と悲しく叫んだ。順介に裏切られ、孝一の厳しさにも耐えられなくなったのぶは、交通事故であっけなくも死んで行く順介と、その傍らに茫然と立ちつくす孝一を背に夜の闇に消えて行った。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /スタンダード(1:1.37)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/11/29]

映画情報を54件更新しました。