日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年03月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

姿なき一〇八部隊
スガタナキイチマルハチブタイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年02月26日 
製作会社
大映 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
84分  

棟田博原作「サイパンから来た列車」を「まらそん侍」の八木隆一郎、「流星空手打ち」の小林太平、「風流交番日記」の須崎勝弥、「警視庁物語 逃亡五分前」の長谷川公之、KRプロデューサー近江浩一が共同して脚色し、「スラバヤ殿下」の佐藤武が監督、「怪奇黒猫組 三部作」の古泉勝男が撮影を担当した。主なる出演者は、「早春」の笠智衆、「黒帯無双」の中山昭二、「薔薇の絋道館」の矢島ひろ子、「乱菊物語」の藤原釜足、「豹の眼」の伏見和子など。

スタッフ

製作
望月利雄
原作
棟田博
脚色
八木隆一郎近江浩一須崎勝弥小林太平長谷川公之
監督
佐藤武
撮影
古泉勝男
音楽
富永三郎
美術
富樫辰春
照明
下村一夫
録音
西川登

ストーリー

深夜、すでに灯の消えた東京駅十四番プラットフォームに、半透明の列車が音もなくすべり込んで来た。車輛から降りて整列したのは、サイパン島で玉砕をとげた部隊の将兵たちである。隊長の秋吉少将は「自分たちの肉親がどうなっているか見てくるように」と訓示を与えたあと、二重橋に向った。那須中尉が許婚の伊島雪子の家を覗くと、母親と二人ぐらしの彼女は女教師として働いていた。そして今でも那須を心の良人と決めていると知って、彼の胸には熱いものがこみ上げるのだった。河野中尉の家は焼けたままで、門柱だけしか残っていない。母の名を呼びながら夜の街をさまよう彼の姿はあわれである。この部隊に報道班員として従軍した能勢記者の愛妻キミ江は、社の同僚松木と再婚していたが、松木がキミ江と能勢の間に生れた光子を心から愛している様子に、能勢は彼らの幸福を祈りながら去った。二重橋で陛下に部隊を玉砕に至らしめた罪を詑びた秋吉少将は、その帰途、警官に連行されて行く自動車強盗がわが子だと知り愕然とした。手錠のまま逃走を図った息子は射殺された。その亡骸を抱えて秋吉は自分の死を呪わずにはいられない。気の弱い志水一等兵が、戦友町田一等兵につき添われてわが家へ帰ると、妻は内職のミシンを踏んでいた。息子新太郎は電車の整備員、娘の春子は明日が就職試験だ。母子三人が生きて行く姿を見て、志水はどんなにうれしかったことであろう。かくて、東京駅十四番プラットフォームに集合した将兵たちは、再び列車に乗ってサイパン島へ向うのであった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。