日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

俺は犯人じゃない
オレハハンニンジャナイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年02月12日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
I'm Not the Criminal  
上映時間
90分  

「黒帯無双」の青木義久と窪田篤人が共同で脚本を書き、「悪の報酬」の野口博志が監督、「裏町のお転婆娘」の間宮義雄が撮影を担当した。主なる出演者は「朝やけ血戦場」の大坂志郎、「人生とんぼ返り(1955)」の広岡三栄子、「青カ島の子供たち 女教師の記録」の左幸子、「丹下左膳(1956)」の植村謙二郎、「力道山物語 怒涛の男」の武藤章生など。

スタッフ

製作
浅田健三
脚本
青木義久窪田篤人
監督
野口博志
撮影
間宮義雄
音楽
原六朗
美術
小池一美
照明
三尾三郎
録音
高橋三郎

ストーリー

西島政吉はドリルの政と異名をとった金庫破りであったが、恋人ゆきの清純さに感化されて真面目になろうとした。模範囚として刑期を終え、出獄した政吉の前に、何故かゆきは現われなかった。ゆきの働いていたキャバレーに行って見ると、そこにもゆきの姿はなく、美也子という女性がいて、「ゆきちゃんは若い男と大阪に逃げちゃった」といった。そのうちに「ゆきのことで会いたいという人が待っているから」という若い男に連れられて一緒にタクシーにのって行くと、東洋銀行の裏手に連れて行かれ、折しも起った銀行ギャング事件にまきこまれた。政吉は逮捕された。彼は真犯人を捕える為警察を脱走し、美也子の下宿に身をかくした。政吉は自分を銀行迄のせた自動車の運転手を探し出し、彼の口から自分を若い男に命じて連れ出させた男の名を知った。だがその男、近藤を訪ねると近藤は血を吐いて死んでいた。政吉は銀行の出納主任の川北を怪しいとにらんだ。スケート場に川北をつけて行くと、川北はスケート場の裏口から何物かの自動車にのせられて連れ去られた。その車のナンバーから車の行方をつきとめると、新宿のリヴィェラという喫茶店で拷問に会っている川北を見つけた。政吉が入って行くと、そこにいた一味に拳銃をつきつけられた。その一味の中に美也子の姿があった。政吉は川北を救い出した。川北は一切を白状した。競輪、競馬にこり、美也子に入れあげ、そのあげく美也子の情夫黒沼にそそのかされて銀行ギャングの片棒をかついだのであった。ついですでに政吉を愛し始めていた美也子が政吉の前に現われると、川北の自白を裏づけることを述べた。盗んだ札のかくし場所に政吉が行って見ると黒沼一味が現われた。黒沼の口から恋人のゆきが一味に殺されたことを知った政吉は激怒した。かくて激しい拳銃戦の末、政吉は一味を倒した。しかし彼もまた警察の手に捕えられた。パトロールカーに乗せられて引き立てられて行く政吉と美也子の心は再生を目ざして結ばれていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。