日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年06月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

赤ちゃん特急
アカチャントッキュウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年01月29日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
The Baby and Express  
上映時間
66分  

有本靖彦の原案を「エノケンの天国と地獄」の山下与志一が「春の夜の出来事」を監督した西河克己と共同脚色し、同じく西河克己が監督した。撮影は「乳房よ永遠なれ」の藤岡粂信。主なる出演者は「朝やけ血戦場」の大坂志郎、「顔役 (ボス)」の柳谷寛、「力道山物語 怒涛の男」の南寿美子、「母なき子」の高友子、「裏町のお転婆娘」の浅丘ルリ子など。

スタッフ

製作
芦田正蔵
原案
有本靖彦
脚本
山下与志一西河克己
監督
西河克己
撮影
藤岡粂信
音楽
渡辺浦人
美術
佐谷晃能
照明
高島正博
録音
沼倉範夫

ストーリー

東京・大阪間の定期トラック便の運転手大吉と助手六平太は、今日も大吉に好意を持つ社長令嬢ミキの投げ込んだ花束の香りに胸を弾ませながら、西へ向った。沼津で夜食をとるため行きつけの“ほていや”に入り、看板娘新子のサービスに気をよくして出発した二人は、積荷の中に赤ちゃんが乗っているのにびっくり仰天、交番へ届けても管轄ちがいで相手にされず、ガソリンスタンドの佐竹と娘夕子も同情して面倒をみてくれたが、気がつくと赤ちゃんには手紙が添えてあった。大阪にいる父親松本のところへ届けてほしいとあり、番地も書いてある。大阪へ着いて早速訪ねてみると、商売に失敗したとかで、松本は行方不明。かくて大吉と六平太は赤ちゃんを同乗させたまま東海道を引返したが途中、“ほていや”の新子に赤ちゃんを預って貰った。二人が、東京で一日休暇をとって沼津へ寄ると、新子は凄い剣幕で赤ちゃんを突き返した。性質のよくない大洋運輸の常吉が、大吉の子だといったからだ。たまりかねた大吉と六平太が「赤ん坊コンクール」の会場に捨子しようとすると、この赤ちゃんが一等賞をとってしまった。ほのぼのとした気持で、二人はまたも赤ちゃんともどもトラック上の人となるが、その夜、彼らは三人組の強盗に襲われた。ピストルをつきつけられて運転しているとき、赤ちゃんが急に発熱し、驚いた二人は、ピストルの恐ろしさも忘れ、夢中で病院にトラックを走らせた。その真剣さに心うたれた強盗の一人は、進んで輸血を申し出た。強盗逮捕と“赤ん坊と運転手”の美談を新聞が報じた二三日後、赤ちゃんの母親も駈けつけた。汽車の窓から赤ちゃんを抱いた母親が沿道を走るトラックの二人にいつまでも手を振っていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/06/29]

映画情報を108件更新しました。