日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

裏町のお転婆娘
ウラマチノオテンバムスメ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年01月03日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
Jazz Parade  
上映時間
92分  

吉田広介の脚本を「未成年」のコンビ、井上梅次が監督、間宮義雄が撮影を担当した。主なる出演者は「ジャンケン娘」の江利チエミ、「未成年」の長門裕之、「月がとっても青いから」のフランキー堺、「続・警察日記」の芦川いづみ、「幼きものは訴える」の浅丘ルリ子など。なおへ波画中のショーに月丘夢路、北原三枝、新珠三千代、南田洋子などが顔を見せる。副題は「ジャズ・オンパレード1956年」。

スタッフ

製作
柳川武夫茂木了次
脚本
吉田広介
監督
井上梅次
撮影
間宮義雄
音楽
多忠修
美術
木村威夫
照明
大西美津男
録音
橋本文雄

ストーリー

興行師北川と芸能プロデューサー町田は、興行界の大御所大山の孫娘恵美子が家出していると知って、一儲けしようとたくらんだ。そのころ、銀座裏のあるレストランでカレーライス三杯平げた娘が、足りない勘定の代りにスコキアンを歌い、流しの浩介、寛たちと知り合った。名前はエミイ、東京見たさにお祖父さんに内証で家出してきたという。エミイが去ったあとへ北川たちが現れ、エミイの話を聞くとてっきり大山の孫娘にちがいないと大騒ぎ。というのも今度のジャズ・ショウに大山の孫娘を入れてヒットさせたいと思うからだ。当のエミイは、花売り娘ルリ子に逢い、ルリ子のいる孤児院「光の家」へ行って、得意の歌で孤児たちの人気者になった。この「光の家」を経営しているのは若原静江という未亡人と、その一人娘ユリ子である。「光の家」が経営難で借金に苦しんでいるのを見兼ねた童謡詩人佐川先生は、浩介、寛、エミイたちでジャズバンドをつくり、「光の家」を救おうと思い立った。エミイを恵美子と思い込んでいる北川たちも大乗気だ。大興行師大山が後立てという触れ込みが利いて準備は順調に進んだが、それを耳にした大山は激怒して、全然無関係だと声明した。慌てた北川がエミイの写真を見せに行ったところ、恵美子とは別人だった。そのとき「おじいさま、お願い」と飛び出したユリ子を見て、大山は声をあげて喜んだ。ユリ子こそ大山の孫娘であり、母の静江は戦死した大山の息子の妻だったのである。一度は拒絶した大山も、皆の熱意に打たれてショウを引き受けることになった。エミイの熱演、有名スターの特別出演でショウは大成功。楽屋では大山がこれまでの冷い仕打ちを、静江に詑びていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。