日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

石合戦
イシガッセン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1955年12月13日 
製作会社
富士映画劇団民芸 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
Children  
上映時間
91分  

故上司小剣の小説『天満宮』『石合戦』より松丸青史、吉田隆一、松山亜土の三人が脚色し、「和蘭囃子」の若杉光夫が監督、「最後の女達」の仲沢半次郎が撮影を担当した。主なる出演者は「獅子丸一平」の小沢栄、「人生とんぼ返り(1955)」の山田五十鈴、「花ひらく(1955)」の内藤武敏、「幼きものは訴える」の宇野重吉、新人高田敏江、東童の浜田光曠など。

スタッフ

企画
山梨稔
製作
大塚和松丸青史
原作
上司小剣
脚色
松丸青史吉田隆一村山亜土
監督
若杉光夫
撮影
仲沢半次郎
音楽
草河啓
美術
江坂実
照明
吉沢欣三
録音
加藤一郎

ストーリー

村の中央を流れる猪名川を挟んで、二つの集落の子供たちは水泳場を奪い合い、そのたびに石合戦が起きた。多田神社の神職のひとり息子竹丸は気が弱く、いつも石運びの役ばかりやらされていた。だが、水泳も石投げも、病床の母鴻子には内緒であった。村では市町村合併の問題で県会議員の大野や有力者たちが、しきりに暗躍していたが、その大野が一本橋から突き落とされた。水泳ぎの邪魔になるので餓鬼大将の重太郎がやったことだが、大野はひどく腹を立てて、竹丸から重太郎の名前を聞き出した。それが原因で竹丸は子供たちからのけものにされてしまった。一方、大野はかねて目障りだった渡辺先生を、重太郎にかこつけて追い出しにかかっていた。渡辺先生は敢然と抵抗した。えびす屋の娘園子はそんな渡辺の態度に好意を寄せるのだった。その頃、鴻子の病状が悪化して大阪の病院に入院することになり、竹丸は淋しかった。鼻たれ小僧の勝男にそそのかされた竹丸は、遊んで貰いたいばかりに父の手文庫から百円盗みだすが、父は暗い神殿に竹丸を押しこめた。大野は重太郎一家を軒別(村八分)にし、子供たちの世界からのけものにされた重太郎は、石の集中攻撃をうけ重傷を負った。鴻子が死期の近いことを知って村に帰ったのは、校舎増築にからんで大野の贈収賄事件が発覚した頃のことである。鴻子は良人や竹丸に見守られながら死んだ。竹丸は神殿に駆け込んで「意地悪! 神様の意地悪!」とさけんだ。意気地なしの竹丸が、生まれて初めて腹の底から怒ったのだ。それからの竹丸は、見ちがえるような逞しい少年に変わっていった。竹丸の幸せは決して遠いことではあるまい。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。