日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

君美しく
キミウツクシク

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1955年12月28日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
Beautiful Lives  
上映時間
92分  

田井洋子と佐々木恵美子の原作を「暴力街(1955)」のコンビ、井手雅人と瀬川昌治が共同脚色し、「あこがれ(1955)」のコンビ中村登が監督、生方敏夫が撮影を担当した。主なる出演者は、「絵島生島」の淡島千景、高橋貞二、「忘れじの人」の岸恵子、「あこがれ(1955)」の野添ひとみ、「裏町のお嬢さん」の菅佐原英一、「花ひらく(1955)」の桂木洋子、新人船山裕二など。

スタッフ

監督
中村登
製作
山口松三郎
原作
田井洋子佐々木恵美子
脚色
井手雅人瀬川昌治
撮影
生方敏夫
音楽
古関裕而
美術
浜田辰雄
照明
小泉喜代司
録音
大村三郎

ストーリー

兄の一郎が太平洋戦争で南海に散華したあと、田代真紀子は妹の茜とデパートに働き、老母や弟俊二の一家を支えていた。ある日、偶然にも茜の売場へ買物に来た日航の操縦士国友明彦は、一郎の旧友で、真紀子にとっては曽ての意中の人だった。その頃、課長と争って会社を辞めた俊二は、早川という男の世話を受けながらキャバレーで働いている篠原彩子と知り合うが、彼女こそは亡兄一郎の愛人であった。隣家に住むバーの女みどりから俊二の失職を聞かされた真紀子は、泣いて弟を責め、姉弟の間には深い溝ができてしまった。そして、家を飛び出した俊二は彩子のアパートに走り、明彦の斡旋で飛行場の整備員として働くことになった。一方、明彦と茜の仲も進んだ。茜がスチュアーデスの合格祝いで帰宅がおくれた夜、姉妹は激しくいい争うが、真紀子は茜の恋人が明彦だと判って愕然とした。また、早川の嫉妬から俊二と彩子の関係が表沙汰となったとき、弟の身を案じるあまり真紀子は彩子を訪ねて、俊二と別れてくれと迫った。彩子は一郎との間にうまれた昌一をつれて姿を消し、怒りに燃えた俊二は「姉さんは鬼だ。兄さんの葬式の日、涙も流さずに着飾って……」と罵った。だが、そこへ訪ねて来た彩子の父から、十年間も真紀子が亡兄の子供に仕送りを続けていたと聞いて、姉の前に両手をついた。真紀子は「青春の最後の姿を見ておきたかったの」と泣くのだった。かくて、北海道に再出発を求めた俊二と彩子、昌一の第一便と写真に胸をつまらせ、明彦と茜の乗る旅客機を見送る真紀子の瞳には、この世で最も清く美しい涙が光っていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。