日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

顔のない男
カオノナイオトコ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1955年12月21日 
製作会社
松竹・京都 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
The Faceless Man  
上映時間
80分  

フランスの探偵作家モーリス・ルブラン作『真紅の肩掛』より「荒木又右衛門」の鈴木兵吾が構成し、森田竜男が脚色、「元祿名槍伝 豪快一代男」の芦原正が監督、「若き日の千葉周作」の服部幹夫が撮影を担当した。主なる出演者は「青銅の基督」の岡田英次、「かりそめの唇」の浅茅しのぶ、「続・この世の花 第4・5部」の淡路恵子、「応仁絵巻 吉野の盗賊」の高野真二、石黒達也など。

スタッフ

製作
石田清一
構成
鈴木兵吾
脚色
森田龍男
監督
芦原正
撮影
服部幹夫
音楽
池田正義
美術
桑野春英
照明
一瀬与一郎
録音
森沢伍一

ストーリー

宝石泥棒のルパンは日本に来て東京ホテルの支配人有坂になりすまし、またバイヤー山田や浮浪者にも随時変装していた。目的はメーソンという外国人から宝石を盗むことにあった。メーソンは終戦時、終戦事務局の新藤局長が保管していた宝石をちょろまかしていた。局長はそれが原因で自殺した。娘の潮は東都新聞の婦人記者になっていた。ある夜メーソンが殺された。ついでメーソンの愛人で歌手のユリーも殺された。犯行の目的はどうやら宝石にあるらしい。ユリー絞殺に使った肩掛の半分はルパンの手に入り、半分は警視庁の手に入った。事件をめぐって私立探偵の花山や潮がそれぞれの立場から活動を始めた。警視庁の江口刑事と旧知のルパンはある日江口に会い、肩掛の半分を持ちよって指定の日時に会おうといった。ルパンは花山を怪しいとにらんでいたが証拠を掴むことは出来なかった。更にユリー殺害の犯人を見たと目されていた赤木次郎が殺された。当局ではルパンを有力な容疑者として追求を始めた。ルパンはひそかに潮に会い、三つの殺人事件がいずれも宝石を狙う同一犯人の仕業であることを話し、真犯人逮捕に協力を求めた。殺人者達もルパンの生命を狙い、潮とルパンは度々死地をくぐるうちにお互いに愛し合うようになった。事件の迷宮入りに万策つきた江口刑事は肩掛の半分を持って指定の日にルパンに会いに行った。それを知った殺人者達が肩掛を奪いに現われた。危機一髪、ルパンが現われ彼の推理ですべてが判明した。合された肩掛からは宝石が現われた。悪人の首領こそは宝石亡者の探偵花山であった。江口刑事に手柄をゆずったルパンは羽田から日本を後にして飛び立った。潮は涙で彼を見送るのであった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。