日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年11月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

黒帯無双
クロオビムソウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1955年11月15日 
製作会社
新東宝 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
Judo Story,Part 2  
上映時間
91分  

第一部「柔道流転」と同じく古賀残星の原作『天才永岡十段』を脚色したもので製作スタッフ、配役は第一部と同じである。

スタッフ

製作
広川聰
企画
松崎啓次
原作
古賀残星
脚色
青木義久窪田篤人
監督
内川清一郎
撮影
岩佐一泉
音楽
大森盛太郎
美術
朝生治男
照明
関川次郎
録音
道原勇二

ストーリー

牛ケ淵で大垣一派の闇討にあい重傷を負った修介が、早苗の手厚い看護を受けるうち、彼女の父小野遞信大臣の暗殺に続き、政府の要人がつぎつぎと狙われ、当局の厳重な捜査にもかかわらず犯人比嘉広之進を捕えることはできなかった。ある日、相馬は義叔父の根津に托してあった青海島の魚場が危機に瀕しているとの便りを受け、急拠帰郷した。快方に向った修介がある日、講道館に姿を現わすと、牛ケ淵で手にかけたはずの修介が生きていたとは知らなかった大垣一味は狼狽した。一方、兄広之進の罪を詑び、修介と早苗の幸福を祈りながら毒を仰いだ奈津代は、旅廻りの貞奴一座に助けられた。そのころ築地に竣工した振武館の道場開きに修介は宿敵大垣と対戦し、見事にこれを屠ったが、相馬が根津の謀略にかかって横死したという鈴江の悲報に、単身青海島に急行した。かくて青海島は密貿易の本拠であり、根津こそはその首魁だと知った修介が根津の家に向う途中、獅子岩海岸で根津の乾分に囲まれた。その前に立ちはだかったのは、殺人犯として警察に密告したのは俊介だと思い込んでいる広之進と、試合に敗れた意趣晴らしに後を追ってきた大垣である。凄絶な死闘の末、初めて根津や大垣の陰謀に操られたことを知った広之進は、根津の鉄砲に肩を射抜かれて波間に姿を消した。密輸船に火を放った修介は、鈴江と相馬の遺児を救い出して小船に打ち乗り、青海島を後にするのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/11/25]

映画情報を58件更新しました。

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。