日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

珠はくだけず
タマハクダケズ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1955年11月01日 
製作会社
大映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
A Pearl Never Perishes  
上映時間
99分  

五人の兄妹と実業家の令嬢をめぐる恋愛メロドラマ。雑誌『平凡』連載の川口松太郎の小説を「獅子丸一平」の松山善三が松田昌一と共同脚色し「娘の人生案内」の田中重雄が監督、「東京暴力団」の長井信一が撮影を担当した。主なる出演者は「母笛子笛」の三益愛子、船越英二、「講道館四天王」の菅原謙二、「浅草の鬼」の根上淳、藤田圭子、「長崎の夜」の市川和子など。画家岩田専太郎が色彩監修に当る大映カラー。

スタッフ

製作
永田雅一
企画
山崎治雄
原作
川口松太郎
脚色
松山善三松田昌一
監督
田中重雄
撮影
長井信一
音楽
古関裕而
美術
仲美喜雄
照明
柴田恒吉
録音
長谷川光雄
色彩監修
岩田専太郎

ストーリー

浅井鉱業の社長浅井忠右衛門は邸内に柔道場を持っている程の柔道好きであった。一人娘の五月も柔道をたしなんでいた。社員の中に小森徹、喬の兄弟がいた。彼等も柔道が強かった。弟の喬は五月を愛していたが、兄の徹もまた彼女を愛しているのを知ると、苦しさに耐えず、会社を止め、ジャズドラマーになり、酒と喧嘩に明けくれる日を送るようになった。ある時忠右衛門と九州の鉱山に行った徹は、後から父を追って来た五月と会い、彼女が喬を愛しているのを知った。忠右衛門は一人娘の婿に同業の筑紫炭鉱の若き社長竹山を望んでいるが、竹山は喬の妹のきみ子と関係があり本気で結婚を望むきみ子の気持をよそに、五月にも心を寄せていた。父に結婚を強いられた五月は酒場に喬を訪れたが、喬は心にもない愛想ずかしをいい、傷心の五月は帰って行った。その五月を待合に誘ったのは竹山であった。それを知った喬が待合にかけつけると、一足先に来ていたきみ子が竹山と五月の姿に逆上して竹山を階段の下につきおとしたところであった。竹山は初めてきみ子の真情にうたれ、彼女との結婚を決意した。徹は喬と五月を結びあわせ、自分は九州の鉱山に転任して行くのであった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。