日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

沙羅の花の峠
サラノハナノトウゲ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1955年10月12日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
The Doctor  
上映時間
112分  

三好十郎の原案にもとづき、「復讐の七仮面」の山村聡が脚色、「黒い潮」についで監督出演する。撮影は「由起子」の中尾駿一郎が担当。主なる出演者は前記の山村聡、「六人の暗殺者」の滝沢修、「月夜の傘」の宍戸錠、「大岡政談 人肌蝙蝠」の芦川いづみ、「志津野一平 地獄の接吻」の利根はる恵など。なお「娘の人生案内」の南田洋子が日活入社第一回の出演をする。

スタッフ

製作
高木雅行
原案
三好十郎
脚本
山村聡
監督
山村聡
撮影
中尾駿一郎
音楽
土肥泰
美術
高田一郎
照明
河野愛三
録音
沼倉範夫

ストーリー

村の少年太郎が激しい腹痛に襲われたが医者のいない村では手の施しようもない。怪し気な薬や祈祷で痛みを押えようとするが効かない。その様子を沙羅の木のある峠から見ていたキャンプ旅行中の六人の学生が救援に降りて来た。彼等は近村にいるという医者を探しに出かける。六人のうちの一人は医学生の竹中俊子であったが彼女は太郎の腹痛を急性盲腸炎と判断した。だが手術をすることはこの村では出来ない。医者を探しに行ったうちの一組が呑んだくれの元軍医といわれる榊原軍之進を見つけ、泥酔の彼をリヤカーにのせて連れて来る。一方、俊子は太助を一刻も早く医者に見せるよう村人を説いた。結局太助は戸板に乗せられ運ばれることになり、村人達は手術の可否を論じながら沙羅の木のある峠にかかった。軍之進をのせたリヤカーもかけつけた。太助につきそう母のお咲は戦争で死んだ夫を思い、酔顔朦朧、リヤカーに揺られる軍之進の脳裏を去来するのは戦場に倒れた部下の姿であった。やがて峠の上で意を決した軍之進の手術が一同注視のうちに始まった。そして太助は一命をとりとめた。ところが軍之進は人間を扱う医者ではなく獣医であったことから医師法違反で検事局の取調べを受けることになった。学生達を始め村の人々は参考人として呼ばれた。一同の供述が終りやがて検事と軍之進が無医村問題を禅問答的に始め検事は破顔した。軍之進は無罪となるであろう。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。