日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年03月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

浅草の鬼
アサクサノオニ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1955年08月14日 
製作会社
大映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
Troupers of Asakusa  
上映時間
93分  

内外タイムス連載の浜本浩の原作を「獄門帳」の井手雅人が瀬川昌治と共同で脚色し「月に飛ぶ雁」の松林宗恵が監督、「娘の縁談」の秋野友宏が撮影を担当した。主なる出演者は「娘の縁談」の根上淳、「幻の馬」の北原義郎と見明凡太朗、「つばくろ笠」の山根寿子、「講道館四天王」の伏見和子など。

スタッフ

製作
藤井朝太
企画
塚口一雄
原作
浜本浩
脚色
井手雅人瀬川昌治
監督
松林宗恵
撮影
秋野友宏
音楽
飯田信夫
美術
高橋康一
照明
泉正蔵
録音
渡辺利一

ストーリー

浅草三社祭の夜ロッキー座の支配人河野が何者かに殺された。座には新支配人羅生が入って来た。河野の遺児梅子は座の踊り子であった。梅子を秘かに恋する浅草の鬼と呼ばれる旗野梧郎は座を去った旧座員達に背いて座に残っていた。しかし梅子は梧郎の思慕をよそに素人写真家新田を知り愛しあうようになった。梧郎を恋する女掏摸お新は祭の夜すり取った財布のことから河野を殺したのは浅草のシャボン玉売りお喜代の一人息子貫一であることを知った。貫一は羅生の子分原田にそそのかされてこの罪を犯したのであった。一方河野殺し担当の安斎刑事も事件の背後に羅生とその親分のボス黒島が介在しているのをかぎつけた。梧郎もまた羅生達を怪しいとにらみ始めた。暗殺代をもらいに浅草に戻った貫一は話のもつれから原田を殺し彼自身も羅生に殺された。羅生は大阪に高飛びしようとしたがすでに警察の手の廻ったのを知ると梅子をさらって向島の倉庫街に逃げた。それを知った梧郎も後を追った。安斎刑事も警官隊と共に逮捕に向った。激しい射ち合いと格闘の末に一味は捕縛された。梅子は梧郎に救われ新田にいだかれた。それを見ながら淋しく去る梧郎を追うのはお新であった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。