日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

花ざかり男一代
ハナザカリオトコイチダイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1955年02月26日 
製作会社
大映京都 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
87分  

脚色は「七つの顔の銀次」の犬塚稔、「螢の光」の森一生が監督に当り、「丹下左膳 こけ猿の壷」の牧田行正が撮影する。主なる主演者は「駕で行くのは」の勝新太郎、「幸福を配達する娘」の矢島ひろ子、「春秋あばれ獅子」の澤村國太郎、「隠密若衆」の市川小太夫、「次男坊鴉」の大邦一公など。

スタッフ

製作
酒井箴
企画
浅井昭三郎
原作
中倉俊二
脚本
犬塚稔
監督
森一生
撮影
牧田行正
音楽
西梧郎
邦楽
望月太明吉
美術
西岡善信
照明
加藤庄之丞
録音
大谷巖

ストーリー

名優嵐璃寛の奴道成寺で立三味線をひく杵屋彌三郎が卒中で倒れた。彌三郎の息子彌市は賭場に入りびたりのやくざで、其夜は芸者おきぬと会う予定だったが父に代って立三味線をつとめた。天才的な役の三味線は璃寛を感動させたが、おきぬは博徒の親分七兵衛に身うけされようとする。彌市は七兵衛の家にのりこみ、おきぬを連れて逃げ、その夜は二人で舞台の奈落にかくれた。璃寛は押しよせた七兵衛に向い、彌市を江戸払いにし、おきぬを渡すと告げ秘かに二人を大阪へ旅立たした。璃寛は江戸で稼いだ金全部を投じて七兵衛に話をつけたのである。ところが七兵衛は卑怯にも子分に命じて旅先でおきぬを奪おうとする。おきぬは長屋村の惣兵衛に救われたが、惣兵衛が彼女に邪心をよせた事から、彌市とおきぬはついに小田原へ逃れた。そうして病気のおきぬを養うため禰市は流しの芸人となって一年をすぎた。璃寛の番頭仙五郎は彼の芸が少しも落ちていないのを知り、再び彌市は立三味線となった。彼は単身七兵衛の家へのりこみ、相手の不信を責めたが、七兵衛は卑怯にも再びおきぬを拐かした。彌市はついに刀を抜いてあばれこみ、おきぬを助けた。七兵衛は足をふみはずして無残な最後をとげ、彌市とおきぬの上に幸せが訪れた。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。