日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

駕で行くのは
カゴデイクノハ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1955年01月09日 
製作会社
大映京都 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
49分  

シナリオ界の古参で、目下ラジオで活躍の御莊金吾の脚本を、「お富さん」の天野信が監督し、新進本多省三が撮影に当る。主演は「お富さん」と同じく勝新太郎と小町瑠美子で、「八州遊侠伝 白鷺三味線」の市川小太夫、「七変化狸御殿」の渡辺篤、歌手の田端義夫等が助演する。

スタッフ

製作
酒井箴
企画
浅井昭三郎
脚本
御莊金吾
監督
天野信
撮影
本多省三
音楽
大久保徳二郎
美術
菊地修平
照明
岡本健一
録音
大谷巖

ストーリー

江戸は日本橋のらくら長屋に住む駕屋の助十と権三は、或る夜、越前屋の隠居所から三人の怪しい男が出て来るのを見た。翌朝、同じ長屋の小間物屋彦兵衛が隠居殺しの犯人として同心近山に拘引された。彦兵衛の娘千代や彼女の恋人の鳶人足三次をはじめ、長屋の連中は無実だと嘆願したがその夜彦兵衛は借金のため隠居を訪れた事が不利となって許されない。権三と助十は犯人の顔を見たけれど、そのとき脅迫されたので怖くて言出せない。二人は行きつけの居酒屋で、三次と一緒に奉行大岡越前守の悪口を言ってうっぷんを晴らした。すると居合せた浪人が口を合わせるので、二人は益々調子にのって真犯人らしい男の事をしゃべる。この浪人者が実は大岡越前であるとは三人は気がつかなかった。ところが翌日、彦兵衛は処刑されると高札が出た。たまりかねた二人は三次に当夜の状況をつぶさに語り、目明し半平に訴えたが日頃素頓狂な二人の言葉は信用されない。二人がぼんやり居酒屋へ行くと、そこに例の殺人犯人らしい男が現われた。松五郎というやくざである。二人は彼を訴え出ようとして、却って浪人の弁十郎と造酒に命を狙われるが、越前守は彦兵衛が死んだと見せかけて油断させ、松五郎等三名を召しとった。そうして彦兵衛は無事に帰され、権三と助十はお奉行さまから御褒美をいただいた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。