日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年03月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

恋の野球拳 こういう具合にしやしゃんせ
コイノヤキュウケンコウイウグアイニシヤシャンセ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1955年01月03日 
製作会社
大映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
50分  

「新しき天」の笠原良三の脚本を、「君待船」の西村元男が監督する歌謡喜劇。撮影は「真白き富士の嶺(1954)」の板橋重夫の担当である。出演者は「螢の光」の船越英二、潮万太郎、「勝敗」の伏見和子、「こんな奥様見たことない」の川崎敬三、新人の穂高のり子など。

スタッフ

製作
藤井朝太
企画
塚口一雄
脚本
笠原良三
監督
西村元男
撮影
板橋重夫
音楽
大久保徳次郎
美術
高橋康一
照明
佐藤憲
録音
須田武雄

ストーリー

大学を出たばかりで店を一人で切り盛りする堅造の息子宏と、遊び人の父久兵衛との父子で化粧品小間物問屋の老舗紅屋は営まれていた。久兵衛は、遊びに使ってよく帳簿に穴をあけたので、帳面は宏が担当することになった。久兵衛はこの息子がけむたくて、宏に嫁を持たせようと、久兵衛が後援している芸者のぽん太に相談をした。又一方、宏の友達でぽん太と相愛の北川は、宏から久兵衛の遊びを止める相談を受けたので、北川の会社の社長で叔母に当るまつ子女史を推薦して、早速久兵衛と見合の相談をしたが、当日肝心の久兵衛がすっぽかしてしまい、宏と北川の苦心も水泡に帰してしまった。まつ子社長は私立秘密探偵に何事かを依頼した。それから数日後紅屋の店先へ、職業安定所の紹介で以前から久兵衛が依頼しておいた若い家政婦梅子が来たが、これが大変な働き者で、暗算の能力はすばらしかった。それ以来堅造で通っていた宏も梅子に恋をする様になり、これに気のついた久兵衛は、ぽん太と相談して梅子と仲良くさせる様に手をつくすのだった。或る日北川が遊びに来て、久兵衛の町内野球チームとまつ子女史のラヴミー口紅女子チームとの試合をする事を申し合わせた。そして、当日両軍の顔合せで、初めて久兵衛とまつ子女史が風変りな見合をした。宏はその時、梅子の手前、初めてバッターボックスに立ち、打った球はホームランとなったが、目を廻して梅子に介抱された。これを見て久兵衛は、梅子にそっと宏の嫁になって呉れる様に頼んだが、梅子は一通の書置を残して失踪した。宏は驚いて父久兵衛と相談して私立探偵社に梅子の捜査方を依頼した。これを聞いた探偵社の社長が呼び出し、ドアを開いて入って来た洋装の女探偵は彼女だった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。