日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

消えた中隊
キエタチュウタイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1955年01月14日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
The Lost Garrison  
上映時間
93分  

井手雅人作の小説『池の塩』を「七人の侍」の黒澤明と「黒い潮」の菊島隆三が共同脚色した三村明の監督第一回作品。撮影は三村明自ら担当、音楽は「初姿丑松格子」の大森盛太郎である。出演者は「平手造酒(1954)」の辰巳柳太郎、島田正吾はじめ新国劇が総出演のほか「初姿丑松格子」の島崎雪子、「かくて夢あり」の梅原道子などである。

スタッフ

製作
星野和平
原作
井手雅人
脚本
黒澤明菊島隆三
監督
三村明
撮影
三村明
音楽
大森盛太郎
美術
高田一郎
照明
山下馨
録音
根岸寿夫

ストーリー

昭和十六年六月、香川大尉は、黒竜江をはさんでソ連領のセミドムカ地域と対峠している北満の監視哨に、隊長として赴任した。前任の岸中尉は温厚な中年男で、部下はじめ集落民の信頼をかちえていたが、コチコチの香川大尉は、岸中尉のやり方にあき足らず、早速猛訓練を始めた。ある日駐屯地の街の料亭で、司令部参謀の新田中佐の歓迎会が開かれた。酒に酔って露台に倒れていた香川大尉は、新田中佐、部隊参謀藤倉中佐、それに得体の知れぬ満洲浪人達が、ソ連との戦争を誘発しようと密議をこらしているのを聞いてしまった。香川は自決を強いられたが許され、その代りにソ連との戦闘開始の端緒を強引に掴めという無理な命令を下された。重く沈む香川の心を慰めるのは、街の料亭の女ハル子だけであった。ハル子を通して岸中尉の真情を知った香川は、胸襟を開いて語り合いたい気持に襲われたが、何故か出来なかった。統帥部からの南進命令に、一刻の余裕もなくなった新田中佐等があせり出した折も折、ボールを拾おうとして河に落ちた集落民の子にソ連が発砲するという事件が起った。折もよしと、藤倉中佐等は直ちに攻撃命令を出したが、岸中尉は子供を助けようと発砲を制止した。新田中佐は自分等の企図したことの露見を恐れ、岸中尉の命令違反をたてに、中尉以下監視哨全員を抹殺せよと恐るべき命令を発した。香川大尉の必死の努力も空しく、岸中尉以下の兵隊、集落民は同じ味方の砲撃にせん滅された。香川は、この叛乱事件の証人として死ぬことも許されず、激しい砲声の中にもだえるのみであった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /スタンダード(1:1.37)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/11/29]

映画情報を54件更新しました。