日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

名探偵明智小五郎シリーズ 青銅の魔人 第二部
メイタンテイアケチコゴロウシリーズセイドウノマジンダイニブ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1955年01月03日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
28分  

スタッフ、キャスト共に第一部に同じ。

スタッフ

製作
細谷辰雄
原作
江戸川乱歩
脚色
小川正
監督
穂積利昌
撮影
長岡博之
音楽
万城目正
美術
木村芳男
照明
小泉喜代司
録音
新楠元

ストーリー

姿を消した青銅の魔人は小林少年と昌一に発見され、警官隊のため煙突の上に追いつめられた。消防車が水の一斎放射を浴びせると魔人は墜落し、腹から無数の歯車が飛出したが、小林少年はいつのまにか誘拐されていた。小林は地下深くの部屋に監禁され、小型の青銅の魔人にされて了う。体は金属性の音をたて、身動きも言葉も自由にならない。ここには昌一も道子夫人も同じ姿にかえられて押しこまれていた。然も死んだ筈の青銅の魔人の巨大な姿が隣室にあった。一方、小五郎と玲子は有楽町附近で奇妙なマンホールを発見し、魔人の穴が東京に沢山あると考えた。その夜大磯の水野邸で気絶した水野をかついで古井戸に消えた魔人を見た明智は、井戸から横穴を通り、水攻めにあっている三人の小魔人の室の水を止めて先へ進むと、奥の部屋に水野と魔人がいた。魔人がピエロの通訳で水野を責めている時、突如顔も手も見えない透明人間が現われ、秘密地図を奪って消え、水攻めの三人を助け出した。透明人間はそのまま立去ったが、不意に現われた明智は中村課長と三人の部下を従えて古井戸から進み、鉄の扉を開けようとした時、足下の床がはずれて陥し穴に落ち、忽ち四方の壁が不気味に押寄せて来た。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。

[2021/05/28]

映画情報を52件更新しました。