日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

娘の縁談
ムスメノエンダン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1955年06月01日 
製作会社
大映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
Inhibited Love  
上映時間
84分  

朝日新聞に連載中の林房雄の小説から「幸福を配達する娘」の木村恵吾と助監督の斎村和彦が共同で脚本を執筆、木村恵吾が監督する。撮影は「暁の合唱(1955)」の秋野友宏、音楽は「伝七捕物帖 女郎蜘蛛」の万城目正。主なる出演者は「薔薇いくたびか」の南田洋子、若尾文子、根上淳、村田知英子、「東京暴力団」の菅原謙二、川崎敬三、「青春怪談(1955 市川崑)」の北林谷栄、「制服の乙女たち」の江原達怡など。

スタッフ

製作
藤井朝太
企画
中代富士男
原作
林房雄
脚本
木村恵吾斎村和彦
監督
木村恵吾
撮影
秋野友宏
音楽
万城目正
美術
柴田篤二
照明
柴田恒吉
録音
長谷川光雄

ストーリー

泉千栄子は雑誌週刊日本の女速記者である。九州の郷里で頑固者のお婆ちゃんに、がき大将の小森君と結婚させられそうになったので上京し、叔母の三楠夫人の家にいた。これが又今まで四十九組も仲人をしたという大変な叔母さんで、毎日の様に結婚をすすめられてうんざりした千栄子はそこも飛び出し、同郷で週刊日本の編集長である杉山の家に下宿した。同じ様にそこに下宿していた友子は、大変なさびしがり屋で、幼馴染の島本を好きなくせに、彼が顔を見せないとすぐに他の人を好きになってしまうのだった。或る日郷里から、大学を卒業して農林技師になった小森が上京し杉山の家へ下宿することになった。一方友子は三楠病院の外科部長で色事師の原口にぞっこん参ってしまったが、千栄子の努力でやっとあきらめさせた。それでも島本は相変らず冷いので、友子は或る日下宿の茶の間で小森に抱きついて泣きくずれた。翌日彼のワイシャツに口紅がついているのを見つけた千栄子は大憤慨で、遂に喧嘩をしてしまい、アパートへ引越した。そこへ郷里から八十になる千栄子のおばあちゃんが上京した。負けん気の千栄子もおばあちゃんには頭が上らず、小森か島本のどちらかと結婚しろと命令されて、この頃馬鹿に優しい島本君を選ぶことにした。やがて結婚式。千栄子、友子、小森の三人は渋い顔をしている。三楠夫人は大満悦で、おばあちゃんと島本は何やらにやにやしていたが、突然千栄子は式場から小森のもとに逃げ出し、小森と千栄子、友子と島本が晴れの結婚式をあげた。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/03/26]

映画情報を52件更新しました。