日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

落日の血闘(1955)
ラクジツノケットウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1955年05月22日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
Duel at Sundown  
上映時間
86分  

新人井田探と鈴木清太郎が共同で執筆した脚本を、「坊っちゃん記者」と同じく野口博志が監督し、永塚一栄が撮影する。主なる出演者は「次郎長遊侠伝 天城鴉」の坂東好太郎、「森蘭丸」の宮城千賀子、「地獄の用心棒」の長谷川菊子と汐見洋、「麦笛」の左卜全、東映から新入社の明智三郎など。

スタッフ

製作
芦田正蔵
脚本
井田探鈴木清太郎
監督
野口博志
撮影
永塚一栄
音楽
仁木他喜雄
美術
西亥一郎
照明
高橋勇
録音
八木多木之助

ストーリー

或る田舎町。熊蔵一家の暴れ者が暴力でこの町を支配していた時、通り合わせた浪人安之助が単身で彼等を取りおさえて役人に渡した。この時救われた旅巡りの娘一座の座長お絹は、彼を見込んでしまう。それから三年、武士をすててここに住みついた安之助は、分限者新兵衛の娘お京に愛され結婚する事になった。式が今夜行われるという日、出獄した熊蔵一味は仕返しのため、この町へ乗りこんで来た。旅巡りのお絹も再び町へ来たが、安之助がお京と結婚すると聞いて心安らかでない。かつてはお京の許婚だった巳之吉は、未だにやくざの足が洗えず、安之助を恨んでいた。熊蔵一味はやがて町を荒しはじめた。今は刀をすてた安之助は、何とか無事におさめようとするが、役人たちも熊蔵達の前には姿を見せようとしない。安之助は町の人々に、一致して彼等に対抗すれば防ぐことができると説き、人々も一時はその気持になったが、彼等の乱暴を目の前にすると、急に心がくじけ始めた。そして遂には恐怖のあまり新兵衛ほお京と安之助との縁談もとりやめ、安之助に町から出てくれと言うのだった。ついに安之助は意を決して、単身で彼等に立ちむかうことになった。巳之吉は逸早く熊蔵に内通し、はじめはお京への嫉妬で事件を傍観していたお絹は、安之助を救うために立ち上った。そして彼は悪戦苦闘の末、ついに熊蔵らを倒したが、今は人を殺した身となった上、町の人々の冷たかった仕うちをおもい、ひとり旅立つことになった。しかしお絹はお京に向って、彼の後を追うようにすすめた。何ものも打ちすて、喜んで、安之助と共に町を去るお京の姿を、お絹は涙ながらに見送っていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/12/28]

映画情報を68件更新しました