日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年06月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

俺の拳銃は素早い
オレノケンジュウハスバヤイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年12月29日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
Trigger Happy  
上映時間
95分  

渡辺肇の原作から、「火の女」の高岩肇が脚本を書き、新人野口博志が第一回作品として監督する。撮影は「人生劇場 望郷篇 三州吉良港」の永塚一栄、音楽は仁木他喜雄の担当。出演者は「幽霊男」の河津清三郎、「若い人たち」の日高澄子、「お月様には悪いけど」の津村悠子、「女性に関する十二章」の伊豆肇の外、朝美矢子、星野みよ子などである。

スタッフ

製作
浅田健三
原案
渡辺肇
脚本
高岩肇
監督
野口博志
撮影
永塚一栄
音楽
仁木他喜雄
美術
小池一美
照明
河野愛三
録音
八木多木之助

ストーリー

旅客機のステュワデス植田幾子は、乗客の中年の紳士から大型の高価なライターを贈られた。その夜、幾子はナイトクラブ・グロリアで自分の結婚を祝ってくれた友人の萩原みどりと暴漢に襲われたが、興信所の青年所長志津野一平に救われた。翌朝、一平は幾子が夜半アパートの屋上から酔って墜死したことを知って疑いを持った。一平は続いてみどりのアパートを訪れたが、行方不明だった。幾子の可愛がっていた健坊は、幾子姉さんが殺されるのを見たと云う。みどりの行方を探す一平は、グロリアで京子という女と知り合った。グロリアを出た一平は、怪しげな真田という男に棒の一発をくらって気絶した。気がつくと彼は京子に介抱されて居り、以後彼女は一平の助手になった。間もなくみどりの溺死体が発見された。彼女が麻薬患者であったことが、ヒントを与え、麻薬団の本拠にのりこもうとした。健坊は、幾子を殺したのが松葉杖の男だと云った。彼は健坊をも殺そうとつけ狙っているのだった。真田は一平の助手山中を射殺したが、真田はまた松葉杖の男に射たれてしまった。偶々一平がグロリアで京子と踊っている時、何者かに射たれた。だがその時、例のライターが彼を救った。二つに割れたライターのキャップから紙片が飛び出し、それによって麻薬密輸団の本拠をつきとめ、彼等を全滅させた。京子は実は密輸団のボスとして一平に近づいたのだが、彼を本当に愛する様になり、危いところを彼の命を救ったのであった。「待ってるよ」という一平の言葉を聞いて、彼女は警視庁の階段を上って行った。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/06/29]

映画情報を108件更新しました。