日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

兄さんの愛情
ニイサンノアイジョウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年12月22日 
製作会社
東京映画 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
82分  

「あんみつ姫」に次ぐ東京映画の作品で、内村直也の原作を堀江史朗と西島大(君死に給うことなかれ)とが共同で脚色し、「君死に給うことなかれ」の丸山誠治が監督する。撮影は「宮本武蔵(1954)」の安本淳、音楽は「伊達騒動 母御殿」の服部良一の担当である。出演者は「不滅の熱球」の池部良、「この広い空のどこかに」の久我美子と石浜朗、宝塚の伊吹友木子、「螢の光」の三宅邦子、「真白き富士の嶺(1954)」の江原達怡など。

スタッフ

製作
滝村和男三輪礼二
原作
内村直也
脚本
堀江史朗西島大
監督
丸山誠治
撮影
安本淳
音楽
服部良一
美術
島康平
照明
今泉千仭
録音
藤好昌生

ストーリー

海軍中将西小路景機の遺族は、謙一、周二、耕三の三人兄弟に母の政子の四人暮しだった。謙一は堅実な勤め人で、深い理解と愛情に支えられた水原夏乃を恋人に持ち、ともすれば華美に流れ勝ちな母をたしなめていた。この家に、仙台から遠縁の娘斎藤久美子が、故郷の母の縁談を逃れるために上京し、寄宿することになった。派手な久美子のために家庭は明るくなりはしたが、彼女は謙一に媚態を見せて悩ませるのだった。だが謙一には夏乃という恋人のあることを知った久美子は、高校三年の次男周二に云い寄ろうとするのだった。久美子の強い性格は、ぐんぐん周二を引きずって行った。ある時偶々箱根に遊び、二人は遅くなって山のホテルに一泊した。二人が誤ちを犯したことを知って謙一は怒りを爆発させた。周二は久美子と共に駆け落ちしたのである。別府航路の惨めな三等船室で、肉親のふところを離れた周二は、始めて完全に悲しさに沈んだ。誰よりも周二のことを思う謙一のために、夏乃は自分の貯金を下ろし、結婚の延期を覚悟して謙一を出発させた。現実のワビしさに打ちひしがれ、別府の桟橋に降りた周二と久美子を、改札口で待ち受けていたのは思い掛けず謙一だった。周二は謙一に伴われて帰宅するが、久美子は西小路家に様様の旋風をまき起し、仙台へと去ってしまった。兄の結婚資金を使わせた償いに、周二は大切なピアノを売って、二十万円の小切手を謙一に渡した。兄弟の愛情は深く結ばれたのである。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。