日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

初姿丑松格子
ハツスガタウシマツゴウシ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年11月30日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
101分  

新国劇総出演の時代劇で長谷川伸の原作を、「七人の侍」の橋本忍が脚色し、「平手造酒(1954)」の滝沢英輔が監督、「美女と盗賊」の山崎安一郎が撮影に当る。出演者は「平手造酒(1954)」の島田正吾、辰巳柳太郎、「螢草」の島崎雪子、「忠臣蔵(1954)」の滝沢修のほか宮城千賀子、清水一郎、千秋実など。

スタッフ

製作
星野和平
原作
長谷川伸
脚色
橋本忍
監督
滝沢英輔
撮影
山崎安一郎
音楽
大森盛太郎
美術
水谷浩
照明
安藤真之助
録音
中村敏夫

ストーリー

深川の料理屋川竹の料理人丑松は、女中のお米と祝言を挙げることになった。お米に横恋慕している川竹の次男の巳之助は、お米の母親お熊に貸した三両の証文をたてに、お熊を脅しに来たが、料理職の元締四郎兵衛の仲介でおさまり、婚礼の式が挙げられた。丑松が喧嘩の仲裁に入った時に知り合った浪人、金子市之丞から祝酒も贈られ、式はささやかながら、和やかに終った。二人はお熊の家の二階に新世帯を持ち、丑松は四郎兵衛の世話で、芝の料理屋へ通った。ある夜、再び脅迫に来た巳之助は、とめるお熊を二階から突き落して殺し、お米に迫ったが、丁度帰って来た丑松は匕首で巳之助を殺した。お米は自訴するという丑松をとめ、金子市之丞の助けで四郎兵衛のところ迄逃げた。丑松はお米を四郎兵衛夫婦に預け、ほとぼりのさめるまで旅に出、熊谷の旅宿の板前になって働いた。二年後、お米恋しさに江戸へ向った丑松は、板橋の宿で夕立に会い、妓楼杉田屋に飛び込み、変り果てたお米に会った。お米は四郎兵衛にだまされ妓楼に売られたのだが、丑松のかたくなな態度に悲観し、自殺した。お米の事情を知った丑松は、四郎兵衛の家へ駈け込み、四郎兵衛と女房のお今を刺し殺した。岡ッ引の常吉や下ッ引の伝吉らに追われた丑松は、板橋の宿迄逃げ、宿はずれの無縁墓地のお米の墓に抱きついて胸を刺した。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /スタンダード(1:1.37)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。